ページの先頭へ

最新の研究成果に基づいて定期的に更新している、
科学的根拠に基づくがん情報の要約です。

甲状腺がんの治療(PDQ®)

  • 原文更新日 : 2017-05-12
    翻訳更新日 : 2017-07-24

Thyroid Cancer (PDQ®): Treatment PDQ Adult Treatment Editorial Board

医療専門家向けの本PDQがん情報要約では、甲状腺がんの治療について、包括的な、専門家の査読を経た、そして証拠に基づいた情報を提供する。本要約は、がん患者を治療する臨床家に情報を与え支援するための情報資源として作成されている。これは医療における意思決定のための公式なガイドラインまたは推奨事項を提供しているわけではない。


本要約は編集作業において米国国立がん研究所(NCI)とは独立したPDQ Adult Treatment Editorial Boardにより定期的に見直され、随時更新される。本要約は独自の文献レビューを反映しており、NCIまたは米国国立衛生研究所(NIH)の方針声明を示すものではない。

甲状腺がん

甲状腺がんに関する一般情報

甲状腺がんには、主に以下の4つのタイプがある:


  • ラジウム

  • 乳頭がん。

  • 濾胞がん。

  • 髄様がん。

  • 未分化がん。

患者の臨床管理で、甲状腺がんは以下の2つのカテゴリーにおおむね分類される: [1]

  1. 高分化腫瘍(乳頭がんまたは濾胞がん)。
  2. 低分化腫瘍(髄様がんまたは未分化がん)。

高分化腫瘍はほとんどが治療可能で、通常は治癒可能である。低分化腫瘍はまれにみられ、侵攻性で早期に転移するほか、予後不良である。

甲状腺は、肉腫、リンパ腫、扁平上皮がん、奇形腫など、他の腫瘍の原発巣となることがたまにある。また甲状腺は、特に肺がん、乳がん、および腎がんなど、他のがんの転移巣となることもある。

発生率および死亡率

米国において、2017年に推定される甲状腺がんの新規症例数および死亡数: [2]


  • 新規症例数:56,870。

  • 死亡数:2,010。

甲状腺がんは、男性よりも女性に多く、通常は25~65歳にみられる。この悪性腫瘍の発生率はここ10年間増加し続けている。甲状腺がんは、いわゆるコールド結節(放射性ヨウ素の取り込みがみられない結節)として存在することが多い。甲状腺がんは、身体診察時に甲状腺が触診可能なことから検出され、I131シンチグラフィで評価される;シンチグラフィでは、この甲状腺部位で同位元素の取り込みがみられない。取り込みのない結節におけるがんの全発生率は12~15%であるが、40歳未満の患者および術前超音波検査において石灰化がみられる患者ではこれよりも高い。 [3] [4]

解剖学

甲状腺組織は、甲状腺のすぐ下にある上部気管および喉頭を形成する輪状軟骨を包み込んでいる。甲状腺には狭部があり、しばしば右葉と左葉が非対称である;通常は後方に4つの副甲状腺がある。嚥下時に甲状腺が喉頭とともに上昇するように感じられることがある(疾患経過の存在下で最も多い)。

甲状腺および副甲状腺の解剖図。

危険因子

幼児期および学齢期に頭頸部の良性疾患(胸腺肥大、扁桃肥大、アデノイド肥大、ざ瘡など)に対して放射線照射を受けた既往歴がある患者では、甲状腺のがんおよびその他の異常のリスクが高い。このような患者集団で、甲状腺の悪性疾患が最初に現れるのは、放射線照射から5年後と早い場合もあれば、20年以上後と遅い場合もある。 [5] 核粒子降下の結果起こる放射線曝露も、特に小児においては甲状腺がんの高いリスクと関連している。 [6] [7] [8]

甲状腺がんの他の危険因子には以下のものがある: [9]


  • 甲状腺疾患または多発性内分泌腫瘍(MEN)症候群の家族歴。

  • RET遺伝子変異。 [10] [11]

  • 甲状腺腫の病歴があるもの。

  • 女性。

  • アジア系人種。

診断的評価および病期評価

甲状腺がんの診断および病期判定では、以下の検査および処置が使用されることがある:


  • 身体診察と病歴聴取。

  • 喉頭鏡検査。

  • 血中ホルモン検査。

  • 血液生化学検査。

  • 超音波検査。

  • コンピュータ断層撮影検査。

  • 甲状腺の穿刺吸引生検。

  • 外科的切除。

高分化甲状腺がんの予後因子

年齢は単独の最も重要な予後因子と思われる。 [12] 40歳未満の患者で、被膜外浸潤または脈管侵襲を認めない分化がん(乳頭がんまたは濾胞がん)の予後は良好である。 [12] [13] [14] [15] [16]

年齢、転移、拡がり、および大きさ(AMES)によるリスク評価基準に従い低リスクとみなされる患者には、遠隔転移の証拠が認められない50歳未満の女性および40歳未満の男性が含まれる。低リスク群には、これよりも高齢で原発腫瘍が5cm未満であり、甲状腺外への肉眼的浸潤を示す証拠がない乳頭がん、および深刻な被膜浸潤または血管侵襲がない濾胞がんの患者も含まれる。 [14] 1,019人の患者を対象とするレトロスペクティブ研究では、この基準を用いて、20年生存率が低リスクグループでは98%、高リスクグループでは50%であることを示した。 [14]

分化甲状腺がんの既治療患者931人を対象としたレトロスペクティブ外科シリーズでは、45歳を超える年齢、組織型が濾胞がん、4cmを超える原発腫瘍(T2~3)、甲状腺外浸潤(T4)、および遠隔転移が有害な予後因子であることが明らかにされた。 [17] [18] 良好な予後因子には、女性であること、多病巣性、所属リンパ節浸潤などがあった。 [17] しかし、所属リンパ節転移が生存に影響を及ぼさないという研究 [19] [20] も、有害な影響を及ぼすという研究 [15] [16] [21] もある。

リンパ節転移の予後に関する意義については見解の一致をみていない。センチネルリンパ節生検を用いると、central neck dissectionから利益が得られうる潜在転移患者を特定する助けになる可能性がある。 [22]

乳頭がん患者において、免疫染色で血管内皮細胞増殖因子のびまん性で強い発現は高い局所再発および遠隔転移率と関連している。 [23] 甲状腺分化がん患者の術後評価で、血清中サイログロブリンが高値を示す場合は、腫瘍の再発と強く相関している。 [24] [25] 甲状腺機能低下がみられ、血清中甲状腺刺激ホルモンが高値であれば、血清中サイログロブリン値が最も感度の高い指標となる。 [26] 腫瘍抑制遺伝子p53の発現も甲状腺がん患者の不良な予後と関連している。 [27]

予後に関する詳しい情報については、本要約の甲状腺髄様がんセクションの臨床所見と予後のセクションおよび未分化甲状腺がんセクションの臨床所見と予後のセクションを参照のこと。

関連する要約

甲状腺がんに関する情報を含む他のPDQ要約には以下のものがある:



参考文献
  1. LiVolsi VA: Pathology of thyroid disease. In: Falk SA: Thyroid Disease: Endocrinology, Surgery, Nuclear Medicine, and Radiotherapy. Philadelphia, Pa: Lippincott-Raven, 1997, pp 127-175.[PUBMED Abstract]

  2. American Cancer Society: Cancer Facts and Figures 2017. Atlanta, Ga: American Cancer Society, 2017. Available online. Last accessed May 25, 2017.[PUBMED Abstract]

  3. Tennvall J, Biörklund A, Möller T, et al.: Is the EORTC prognostic index of thyroid cancer valid in differentiated thyroid carcinoma? Retrospective multivariate analysis of differentiated thyroid carcinoma with long follow-up. Cancer 57 (7): 1405-14, 1986.[PUBMED Abstract]

  4. Khoo ML, Asa SL, Witterick IJ, et al.: Thyroid calcification and its association with thyroid carcinoma. Head Neck 24 (7): 651-5, 2002.[PUBMED Abstract]

  5. Carling T, Udelsman R: Thyroid tumors. In: DeVita VT Jr, Lawrence TS, Rosenberg SA: Cancer: Principles and Practice of Oncology. 9th ed. Philadelphia, Pa: Lippincott Williams & Wilkins, 2011, pp 1457-72.[PUBMED Abstract]

  6. Pacini F, Vorontsova T, Molinaro E, et al.: Prevalence of thyroid autoantibodies in children and adolescents from Belarus exposed to the Chernobyl radioactive fallout. Lancet 352 (9130): 763-6, 1998.[PUBMED Abstract]

  7. Cardis E, Kesminiene A, Ivanov V, et al.: Risk of thyroid cancer after exposure to 131I in childhood. J Natl Cancer Inst 97 (10): 724-32, 2005.[PUBMED Abstract]

  8. Tronko MD, Howe GR, Bogdanova TI, et al.: A cohort study of thyroid cancer and other thyroid diseases after the chornobyl accident: thyroid cancer in Ukraine detected during first screening. J Natl Cancer Inst 98 (13): 897-903, 2006.[PUBMED Abstract]

  9. Iribarren C, Haselkorn T, Tekawa IS, et al.: Cohort study of thyroid cancer in a San Francisco Bay area population. Int J Cancer 93 (5): 745-50, 2001.[PUBMED Abstract]

  10. American Cancer Society: Cancer Facts and Figures 2015. Atlanta, Ga: American Cancer Society, 2015. Available online. Last accessed April 27, 2017.[PUBMED Abstract]

  11. Salvatore G, Giannini R, Faviana P, et al.: Analysis of BRAF point mutation and RET/PTC rearrangement refines the fine-needle aspiration diagnosis of papillary thyroid carcinoma. J Clin Endocrinol Metab 89 (10): 5175-80, 2004.[PUBMED Abstract]

  12. Mazzaferri EL: Treating differentiated thyroid carcinoma: where do we draw the line? Mayo Clin Proc 66 (1): 105-11, 1991.[PUBMED Abstract]

  13. Grant CS, Hay ID, Gough IR, et al.: Local recurrence in papillary thyroid carcinoma: is extent of surgical resection important? Surgery 104 (6): 954-62, 1988.[PUBMED Abstract]

  14. Sanders LE, Cady B: Differentiated thyroid cancer: reexamination of risk groups and outcome of treatment. Arch Surg 133 (4): 419-25, 1998.[PUBMED Abstract]

  15. Staunton MD: Thyroid cancer: a multivariate analysis on influence of treatment on long-term survival. Eur J Surg Oncol 20 (6): 613-21, 1994.[PUBMED Abstract]

  16. Mazzaferri EL, Jhiang SM: Long-term impact of initial surgical and medical therapy on papillary and follicular thyroid cancer. Am J Med 97 (5): 418-28, 1994.[PUBMED Abstract]

  17. Shah JP, Loree TR, Dharker D, et al.: Prognostic factors in differentiated carcinoma of the thyroid gland. Am J Surg 164 (6): 658-61, 1992.[PUBMED Abstract]

  18. Andersen PE, Kinsella J, Loree TR, et al.: Differentiated carcinoma of the thyroid with extrathyroidal extension. Am J Surg 170 (5): 467-70, 1995.[PUBMED Abstract]

  19. Coburn MC, Wanebo HJ: Prognostic factors and management considerations in patients with cervical metastases of thyroid cancer. Am J Surg 164 (6): 671-6, 1992.[PUBMED Abstract]

  20. Voutilainen PE, Multanen MM, Leppäniemi AK, et al.: Prognosis after lymph node recurrence in papillary thyroid carcinoma depends on age. Thyroid 11 (10): 953-7, 2001.[PUBMED Abstract]

  21. Sellers M, Beenken S, Blankenship A, et al.: Prognostic significance of cervical lymph node metastases in differentiated thyroid cancer. Am J Surg 164 (6): 578-81, 1992.[PUBMED Abstract]

  22. Cunningham DK, Yao KA, Turner RR, et al.: Sentinel lymph node biopsy for papillary thyroid cancer: 12 years of experience at a single institution. Ann Surg Oncol 17 (11): 2970-5, 2010.[PUBMED Abstract]

  23. Lennard CM, Patel A, Wilson J, et al.: Intensity of vascular endothelial growth factor expression is associated with increased risk of recurrence and decreased disease-free survival in papillary thyroid cancer. Surgery 129 (5): 552-8, 2001.[PUBMED Abstract]

  24. van Herle AJ, van Herle KA: Thyroglobulin in benign and malignant thyroid disease. In: Falk SA: Thyroid Disease: Endocrinology, Surgery, Nuclear Medicine, and Radiotherapy. Philadelphia, Pa: Lippincott-Raven, 1997, pp 601-618.[PUBMED Abstract]

  25. Ruiz-Garcia J, Ruiz de Almodóvar JM, Olea N, et al.: Thyroglobulin level as a predictive factor of tumoral recurrence in differentiated thyroid cancer. J Nucl Med 32 (3): 395-8, 1991.[PUBMED Abstract]

  26. Duren M, Siperstein AE, Shen W, et al.: Value of stimulated serum thyroglobulin levels for detecting persistent or recurrent differentiated thyroid cancer in high- and low-risk patients. Surgery 126 (1): 13-9, 1999.[PUBMED Abstract]

  27. Godballe C, Asschenfeldt P, Jørgensen KE, et al.: Prognostic factors in papillary and follicular thyroid carcinomas: p53 expression is a significant indicator of prognosis. Laryngoscope 108 (2): 243-9, 1998.[PUBMED Abstract]

 | 

甲状腺がんの細胞分類

細胞型は甲状腺がんの予後を決定する重要な因子である。以下のように甲状腺がんには主に4つの種類があり、臨床管理で2つのカテゴリーに分類される: [1]

高分化型
  • 乳頭がん。
      乳頭状/濾胞状がん。

  • 濾胞腺がん。
      ヒュルトレ細胞がんは、濾胞がんの多様体で、予後は劣る。 [2] [3]

低分化型
  • 髄様がん。

  • 未分化がん。
      小細胞がん。
      巨細胞がん。

  • その他のタイプ。
      リンパ腫。
      肉腫。
      がん肉腫。


参考文献
  1. LiVolsi VA: Pathology of thyroid disease. In: Falk SA: Thyroid Disease: Endocrinology, Surgery, Nuclear Medicine, and Radiotherapy. Philadelphia, Pa: Lippincott-Raven, 1997, pp 127-175.[PUBMED Abstract]

  2. Kushchayeva Y, Duh QY, Kebebew E, et al.: Comparison of clinical characteristics at diagnosis and during follow-up in 118 patients with Hurthle cell or follicular thyroid cancer. Am J Surg 195 (4): 457-62, 2008.[PUBMED Abstract]

  3. Mills SC, Haq M, Smellie WJ, et al.: Hürthle cell carcinoma of the thyroid: Retrospective review of 62 patients treated at the Royal Marsden Hospital between 1946 and 2003. Eur J Surg Oncol 35 (3): 230-4, 2009.[PUBMED Abstract]

 | 

甲状腺がんの病期情報

TNMの定義

米国がん合同委員会(AJCC)は、甲状腺がんを定義するために、原発腫瘍、所属リンパ節、および遠隔転移(TNM)の分類による病期判定を指定した。 [1] 甲状腺がんの各タイプのTNM病期判定の定義は、以下のセクションで説明している:



参考文献
  1. Thyroid. In: Edge SB, Byrd DR, Compton CC, et al., eds.: AJCC Cancer Staging Manual. 7th ed. New York, NY: Springer, 2010, pp 87-96.[PUBMED Abstract]

 | 

甲状腺がんに対する治療法選択肢の概要

甲状腺がんに対する治療法選択肢を表1に示す。

表1.甲状腺がんに対する標準治療法の選択肢

甲状腺がんのタイプ 病期( 治療法の選択肢
EBRT = 外照射療法;M = 遠隔転移;N = 所属リンパ節;RAI = 放射性ヨウ素;T = 原発腫瘍。
乳頭がんおよび濾胞がん I期およびII期 RAI併用または非併用の手術
  甲状腺全摘
  RAI
  葉切除
  甲状腺抑制療法
注意深い経過観察
乳頭がんおよび濾胞がん III期 術後RAIの併用または非併用の手術
EBRT
乳頭がんおよび濾胞がん IV期 ヨウ素感受性:
放射線療法(RAIアブレーション療法)
ヨウ素抵抗性:
甲状腺抑制療法
標的療法
手術
EBRT
甲状腺乳頭がんおよび濾胞がんの再発   術後RAI療法の併用または非併用の手術
標的療法
EBRT
化学療法
甲状腺髄様がん 限局性病変 甲状腺全摘
EBRT
局所進行および転移病変 標的療法
緩和目的の化学療法
未分化甲状腺がん   手術
EBRT
化学療法


 | 

甲状腺乳頭がんおよび濾胞がん

臨床所見と予後

分化甲状腺がんの臨床所見と予後は病期により異なる。

ほとんどの乳頭がんで、ある程度の濾胞状構造がみられる。このような濾胞状構造が乳頭形成を数的に上回ることがあるが、予後に変化をもたらすものではない。

被膜を貫通して周辺の甲状腺組織に浸潤しないことを特徴とする濾胞状腺腫を甲状腺濾胞がんと区別しなければならない。濾胞がんの予後は良好であるが、乳頭がんには劣る。10年生存率は、脈管侵襲がない濾胞がんの患者の方が脈管侵襲がある患者よりも優れている。

乳頭がんでは、遠隔部位よりも所属リンパ節に転移する頻度が高いが、濾胞がんでは、血管侵襲がみられ、リンパ系を介するのではなく血行性に肺および骨へ転移することが多い。転移した場合、放射性ヨウ素による治療が最初有効であるが、その後に放射性ヨウ素へ抵抗性となるにつれて、予後が悪化する。

甲状腺乳頭がんの臨床所見と予後には以下が含まれる:


  • I期の甲状腺乳頭がん

    は、腫瘍が甲状腺に限局しているか、周辺組織およびリンパ節に拡がっている場合でも、それ以外の部分には拡がっていないものをいう。その50%に及ぶ症例では、腺全体に乳頭腺がんの多発病巣が認められる。10年生存率は、45歳未満の患者が45歳以上の患者よりわずかに優れている。

  • II期の甲状腺乳頭がん

    は、次のいずれかで定義される:(1)45歳未満の患者で、腫瘍が甲状腺から他の部位へ拡がっていたり、リンパ節へ転移していたりすることがあり、遠隔転移がみられる場合、または(2)45歳以上の患者で、腫瘍の大きさが2cmを超えるが4cm以下で、腫瘍が甲状腺に限局している場合。50~80%に及ぶ症例では、甲状腺全体に乳頭腺がんの多発病巣が認められる。

  • III期の甲状腺乳頭がん

    は、45歳以上の患者で、腫瘍の大きさを問わず、甲状腺に限局しているか、甲状腺外への進展がわずかであるか、あるいは陽性リンパ節が気管前、気管傍、または喉頭前/デルフィのリンパ節に限定されているものをいう。頸部の隣接組織に浸潤している乳頭がんの予後は、甲状腺に限局している場合よりも不良である。

  • IV期の甲状腺乳頭がん

    は、45歳以上の患者で、腫瘍が甲状腺の被膜を超えて頸部軟組織へ浸潤するか、頸部リンパ節転移、または遠隔転移を認めるものをいう。肺および骨は遠隔転移することが最も多い部位であるが、このタイプの甲状腺がんではそのような転移はまれである。

甲状腺濾胞がんの臨床所見と予後には以下が含まれる:


  • I期の甲状腺濾胞がん

    は、腫瘍が甲状腺に限局しているか、周辺組織およびリンパ節に拡がっている場合でも、それ以外の部分には拡がっていないものをいう。甲状腺濾胞がんと、被膜を貫通して周辺の甲状腺組織に浸潤しないことを特徴とする濾胞状腺腫とは区別する必要がある。

  • II期の濾胞がん

    は、次のいずれかで定義される:(1)45歳未満の患者で、腫瘍が甲状腺から他の部位へ拡がっていたり、リンパ節へ転移していたりすることがある場合、または(2)45歳以上の患者で、腫瘍の大きさが2cmを超えるが4cm以下で、腫瘍が甲状腺に限局している場合。45歳未満の患者では、リンパ節転移は予後を悪化させない。

  • III期の甲状腺濾胞がん

    は、45歳以上の患者で、腫瘍の大きさを問わず、甲状腺に限局しているか、甲状腺外への進展がわずかであるか、あるいは陽性リンパ節が気管前、気管傍、または喉頭前/デルフィのリンパ節に限定されているものをいう。脈管侵襲の存在は予後を不良にするもう1つの因子である。45歳未満の患者では、リンパ節転移は予後を悪化させない。

  • IV期の甲状腺濾胞がん

    は、45歳以上の患者で、腫瘍が甲状腺の被膜を超えて頸部軟組織へ浸潤するか、頸部リンパ節転移、または遠隔転移を認めるものをいう。遠隔転移の部位となることが最も多いのは肺および骨である。

ヒュルトレ細胞がんは、濾胞がんの多様体(予後も類似している)で、同病期のヒュルトレ細胞がんではない濾胞がんと同じ方法で治療される。 [1]

甲状腺乳頭がんおよび濾胞がんの病期情報

表2.甲状腺乳頭がんおよび濾胞がんのTNM病期の定義

病期 T 説明 イラスト
M = 遠隔転移;N = 所属リンパ節;T = 原発腫瘍。
AJCCから許諾を得て転載:Thyroid. In: Edge SB, Byrd DR, Compton CC, et al., eds.: AJCC Cancer Staging Manual. 7th ed. New York, NY: Springer, 2010, pp 87-96.
aすべてのカテゴリーはさらに、(s)孤立腫瘍および(m)多病巣性腫瘍に区分しうる(最も大きい病巣に基づいて分類を決定)。
b所属リンパ節は、中枢部、外側頸部、および上縦隔リンパ節である。
45歳未満の患者:
I すべてのT、すべてのN、M0 TX 原発腫瘍の評価が不可能。
T0 原発腫瘍を認めない。
T1 甲状腺に限局し最大径が2cm以下の腫瘍。
T1a 甲状腺に限局し1cm以下の腫瘍。
T1b 甲状腺に限局した最大径が1cmを超え2cm以下の腫瘍。
T2 甲状腺に限局した最大径が2cmを超え4cm以下の腫瘍。
T3 甲状腺に限局し最大径が4cmを超える腫瘍または甲状腺外への最小限の浸潤を認めるすべての腫瘍(例えば、胸骨甲状筋または甲状腺周囲の軟部組織への進展)。
T4a 中等度に進行した疾患。
大きさを問わず、甲状腺の被膜を越えて進展し、軟部皮下組織、喉頭、気管、食道、または反回神経に浸潤する腫瘍。
T4b かなり進行した疾患。
椎前筋膜に浸潤し、頸動脈または縦隔血管を完全に包み込む腫瘍。
NX 所属リンパ節の評価が不可能。
N0 所属リンパ節に転移を認めない。
N1 所属リンパ節に転移を認める。
N1a レベルVI(気管前、気管傍、および喉頭前/デルフィのリンパ節)への転移を認める。
N1b 片側、両側、または対側の頸部リンパ節(レベルI、II、III、IV、またはV)あるいは咽頭後または上縦隔リンパ節(レベルVII)への転移を認める。
M0 遠隔転移を認めない。
II すべてのT、すべてのN、M1 TX 原発腫瘍の評価が不可能。
T0 原発腫瘍を認めない。
T1 甲状腺に限局し最大径が2cm以下の腫瘍。
T1a 甲状腺に限局し1cm以下の腫瘍。
T1b 甲状腺に限局した最大径が1cmを超え2cm以下の腫瘍。
T2 甲状腺に限局した最大径が2cmを超え4cm以下の腫瘍。
T3 甲状腺に限局し最大径が4cmを超える腫瘍または甲状腺外への最小限の浸潤を認めるすべての腫瘍(例えば、胸骨甲状筋または甲状腺周囲の軟部組織への進展)。
T4a 中等度に進行した疾患。
大きさを問わず、甲状腺の被膜を越えて進展し、軟部皮下組織、喉頭、気管、食道、または反回神経に浸潤する腫瘍。
T4b かなり進行した疾患。
椎前筋膜に浸潤し、頸動脈または縦隔血管を完全に包み込む腫瘍。
NX 所属リンパ節の評価が不可能。
N0 所属リンパ節に転移を認めない。
N1 所属リンパ節に転移を認める。
N1a レベルVI(気管前、気管傍、および喉頭前/デルフィのリンパ節)への転移を認める。
N1b 片側、両側、または対側の頸部リンパ節(レベルI、II、III、IV、またはV)あるいは咽頭後または上縦隔リンパ節(レベルVII)への転移を認める。
M1 遠隔転移を認める。
45歳以上の患者:
I T1、N0、M0 T1 甲状腺に限局し最大径が2cm以下の腫瘍。
N0 所属リンパ節に転移を認めない。
M0 遠隔転移を認めない。
II T2、N0、M0 T2 甲状腺に限局した最大径が2cmを超え4cm以下の腫瘍。
N0 所属リンパ節に転移を認めない。
M0 遠隔転移を認めない。
III T1-3、N0-N1a、M0 T1 甲状腺に限局し最大径が2cm以下の腫瘍。
T1a 甲状腺に限局し1cm以下の腫瘍。
T1b 甲状腺に限局した最大径が1cmを超え2cm以下の腫瘍。
T2 甲状腺に限局した最大径が2cmを超え4cm以下の腫瘍。
T3 甲状腺に限局し最大径が4cmを超える腫瘍または甲状腺外への最小限の浸潤を認めるすべての腫瘍(例えば、胸骨甲状筋または甲状腺周囲の軟部組織への進展)。
N0 所属リンパ節に転移を認めない。
N1 所属リンパ節に転移を認める。
N1a レベルVI(気管前、気管傍、および喉頭前/デルフィのリンパ節)への転移を認める。
M0 遠隔転移を認めない。
IVA T1-T4a、N0-N1b、M0 T1 甲状腺に限局し最大径が2cm以下の腫瘍。
T1a 甲状腺に限局し1cm以下の腫瘍。
T1b 甲状腺に限局した最大径が1cmを超え2cm以下の腫瘍。
T2 甲状腺に限局した最大径が2cmを超え4cm以下の腫瘍。
T3 甲状腺に限局し最大径が4cmを超える腫瘍または甲状腺外への最小限の浸潤を認めるすべての腫瘍(例えば、胸骨甲状筋または甲状腺周囲の軟部組織への進展)。
T4a 中等度に進行した疾患。
大きさを問わず、甲状腺の被膜を越えて進展し、軟部皮下組織、喉頭、気管、食道、または反回神経に浸潤する腫瘍。
N0 所属リンパ節に転移を認めない。
N1 所属リンパ節に転移を認める。
N1a レベルVI(気管前、気管傍、および喉頭前/デルフィのリンパ節)への転移を認める。
N1b 片側、両側、または対側の頸部リンパ節(レベルI、II、III、IV、またはV)あるいは咽頭後または上縦隔リンパ節(レベルVII)への転移を認める。
M0 遠隔転移を認めない。
IVB T4b、すべてのN、M0 T4b かなり進行した疾患。
椎前筋膜に浸潤し、頸動脈または縦隔血管を完全に包み込む腫瘍。
NX 所属リンパ節の評価が不可能。
N0 所属リンパ節に転移を認めない。
N1 所属リンパ節に転移を認める。
N1a レベルVI(気管前、気管傍、および喉頭前/デルフィのリンパ節)への転移を認める。
N1b 片側、両側、または対側の頸部リンパ節(レベルI、II、III、IV、またはV)あるいは咽頭後または上縦隔リンパ節(レベルVII)への転移を認める。
M0 遠隔転移を認めない。
IVC すべてのT、すべてのN、M1 TX 原発腫瘍の評価が不可能。
T0 原発腫瘍を認めない。
T1 甲状腺に限局し最大径が2cm以下の腫瘍。
T1a 甲状腺に限局し1cm以下の腫瘍。
T1b 甲状腺に限局した最大径が1cmを超え2cm以下の腫瘍。
T2 甲状腺に限局した最大径が2cmを超え4cm以下の腫瘍。
T3 甲状腺に限局し最大径が4cmを超える腫瘍または甲状腺外への最小限の浸潤を認めるすべての腫瘍(例えば、胸骨甲状筋または甲状腺周囲の軟部組織への進展)。
T4a 中等度に進行した疾患。
大きさを問わず、甲状腺の被膜を越えて進展し、軟部皮下組織、喉頭、気管、食道、または反回神経に浸潤する腫瘍。
T4b かなり進行した疾患。
椎前筋膜に浸潤し、頸動脈または縦隔血管を完全に包み込む腫瘍。
NX 所属リンパ節の評価が不可能。
N0 所属リンパ節に転移を認めない。
N1 所属リンパ節に転移を認める。
N1a レベルVI(気管前、気管傍、および喉頭前/デルフィのリンパ節)への転移を認める。
N1b 片側、両側、または対側の頸部リンパ節(レベルI、II、III、IV、またはV)あるいは咽頭後または上縦隔リンパ節(レベルVII)への転移を認める。
M1 遠隔転移を認める。


甲状腺乳頭がんおよび濾胞がんに対する標準治療法の選択肢

I期とII期の甲状腺乳頭がんおよび濾胞がん

すべての原発巣に最適な治療法は外科的手術である。手術には甲状腺全摘出および葉切除がある。どちらの方法を選択するかは、主として年齢および結節の大きさによる。2つの処置で生存率はほぼ同じであるが、外科的合併症および局所再発の発生率に差がみられる。 [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

I期とII期の甲状腺乳頭がんおよび濾胞がんに対する標準治療法の選択肢

I期とII期の甲状腺乳頭がんおよび濾胞がんに対する標準治療法の選択肢には以下のものがある:

  1. 放射性ヨウ素(RAI)の併用または非併用の手術。
  2. 注意深い経過観察。 [9]

放射性ヨウ素(RAI)の併用または非併用の手術

手術の目標は、治療関連合併症を最小限に抑えながら、原発腫瘍を完全に切除し、RAIによる術後療法に導くことである。RAIの目的は、残存する甲状腺組織を破壊するためにサイログロブリン測定の特異度を改善することであり、これによりフォローアップのための全身スキャンで持続性病変の検出が可能となる。RAIを受ける患者では、正常な甲状腺組織をすべて切除することが手術の重要な目標である。また正確な長期間のサーベイランスに関して、RAI全身スキャンおよび血清サイログロブリン測定は残存する正常な甲状腺組織による影響を受けるため、こうした状況では甲状腺亜全摘出または甲状腺全摘出が必要である。この方法によって、追跡時の甲状腺スキャンが容易になる。

甲状腺全摘

甲状腺両葉の多中心性病巣の発生率が高いこと、および残存腫瘍が未分化細胞へ脱分化する可能性があることから、甲状腺全摘がしばしば用いられる。

証拠(甲状腺全摘):

  1. National Cancer Data Base(NCDB)登録の52,173人の患者のうち、43,227人(82.9%)が甲状腺全摘を受け、8,946人(17.1%)が葉切除を受けた。 [10] [証拠レベル:3iiA]
    • 腫瘍計測値が1cm未満の甲状腺乳頭がんで、手術の範囲は再発(P = 0.24)または生存(P = 0.83)に影響しなかった。

    • 腫瘍計測値が1cm以上の場合、葉切除では再発(P = 0.04)および死亡(P = 0.009)のリスクが高かった。

    • より大きな腫瘍の影響を最小限に抑えるため、1cm~2cmの病変が個別に検査された。葉切除では、再発(P = 0.04)および死亡(P = 0.04)のリスクが高かった。

    • 甲状腺全摘では、1cm以上の甲状腺乳頭がん患者で、葉切除と比較して再発率が低く、生存が改善された。

  2. 1985年から2003年のNCDB登録を用いた医療実態調査研究では、腫瘍径が1cm以上の甲状腺乳頭がん患者57,243人が甲状腺全摘または葉切除を受けた。過去20年間の甲状腺乳頭がん患者に対する手術範囲の傾向が調査された。葉切除と比較した甲状腺全摘の使用を予測する因子を同定するためにロジスティック回帰が用いられた。 [11] [証拠レベル:3i]
    • 甲状腺全摘出の使用は1985年の70.8%から2003年の90.4%に増加した(P < 0.0001)。

    • 大規模な医療施設または学術センターで治療された患者は、小規模医療施設または地域病院で診察された患者よりも甲状腺全摘を受けることが多かった(P < 0.0001)。

RAI療法

乳頭がんおよび濾胞がんの高リスク患者で、治療的(除去可能な)用量の放射性ヨウ素I131を用いる術後療法によって再発率が低下することが諸研究で示されている。 [5] RAIは外因性甲状腺ホルモン製剤と併用して投与されることがあるが、ルーチンとはみなされない。 [12] RAI療法は、甲状腺全摘により甲状腺の残存病変が最小限となった後に最適である。甲状腺が多く残存すると、低いサイログロブリン値を達成できず、RAIの反復投与が必要となる可能性が増す。

残存甲状腺を破壊するためのRAIの検討は、以下のような病理学的リスクの特徴に基づく:


  • 原発腫瘍の大きさ。

  • リンパ血管性浸潤の存在。

  • 被膜浸潤。

  • リンパ節転移の数。

RAIは、次の2つのチロトロピン刺激方法のいずれかと併用して投与されることがある:


  • 甲状腺ホルモンの離脱。

  • 組換えヒト型チロトロピン(rhTSH)の投与。

甲状腺ホルモンの離脱と比べて、rhTSHの投与はQOLを維持し、身体に送達される放射線量を低下させる。 [13] 非常に低リスクと考えられる微小乳頭がん(10mm未満)の患者は外科手術できわめて良好な予後が得られる。I131による治療を追加しても、それ以上の予後の改善は期待できない。 [14]

低リスク患者におけるRAIの役割は、無病生存(DFS)または全生存(OS)の利益が実証されていないため不明である。

証拠(RAI併用または非併用の手術):

  1. 1件の研究で、French Thyroid Cancer Registryからの患者1,298人がレビューされた。 [15] 以下に示すAmerican Thyroid AssociationおよびEuropean Thyroid Associationの基準によって定義される低リスク乳頭がんまたは濾胞がんを有するものとして患者が特定された:
    • 腫瘍の完全切除。

    • 1cm以下の多病巣性pT1。

    • 1cm超のpT1。

    • pT2、pN0、pM0(米国がん合同委員会/Union Internationale Contre le Cancer[AJCC/UICC])は、45歳未満の患者ではI期に相当する。

    • pT2、pN0、pM0(AJCC/UICC)は、45歳以上の患者でI期およびII期に相当する。

    • リンパ節郭清を併用しない(Nx)pT1およびpT2。

1,298人の患者のうち、911人の患者が手術後にRAIを受け、387人の患者は手術後にRAIを受けなかった。追跡期間は10.3年であった。


  • 多変量解析では、RAI使用によるOS(P = 0.243)またはDFS(P = 0.2659)における差は認められなかった。 [15]

I131を用いたRAIの長期合併症には以下のものがある:


  • 二次悪性腫瘍。

  • 唾液腺炎。

  • 涙腺および唾液腺の機能障害。

低リスク甲状腺がん患者を対象にして照射ごとのRAIの量を低下、またrhTSH注入とRAIの併用による放射線曝露量を低下させるための選択肢が検討されている。

証拠(甲状腺ホルモンの離脱またはI131と併用したrhTSHの使用):

  1. 低リスク甲状腺がん患者を対象に2 X 2要因デザインを用いて2つのチロトロピン刺激方法(甲状腺ホルモンの離脱またはrhTSHの使用)と2つの線量の放射性ヨウ素I131(1.1GBq[30mCi]および3.7GBq[100mCi])を比較した第III相ランダム化非劣性研究がレビューされた。 [16] [証拠レベル:3iA]
    • I131の投与後6~10ヵ月で、高線量と低線量のI131間で甲状腺除去率は等しいことが記録された。

    • T病期が比較的進行しており(T1-T3、N0-1)、甲状腺全摘を受けていない患者が含まれていたため、全体での甲状腺除去率は85%と低かった。

  2. 低リスク甲状腺がん患者を対象に2 X 2要因デザインを用いて2つのチロトロピン刺激方法(甲状腺ホルモンの離脱またはrhTSHの使用)と2つの線量の放射性ヨウ素I131(1.1GBq[30mCi]および3.7GBq[100mCi])を比較した別の第III相ランダム化非劣性研究がレビューされた。選択基準は、低リスクの均質なコホートからなり、患者全員が甲状腺全摘を受け、TNMの病理学的病期がpT1(1cm以下)およびN1またはNX、pT1(1cmを超え2cm以下)およびすべてのN、または甲状腺被膜への浸潤/遠隔転移を伴わないpT2、N0であった。 [17] [証拠レベル:3iA]
    • I131の投与後6~10ヵ月で、高線量と低線量のI131間で甲状腺除去率は等しかった。

    • 甲状腺完全除去率は92%であった。

    • 甲状腺ホルモンの離脱を受けた患者は甲状腺機能低下症の症状が強く、rhTSHを受けた治療群と比較してQOLが低かった。

両研究とも、低線量RAIが長期の再発または生存に及ぼす影響については評価されなかった。また両研究では、特定の低リスク集団でRAIを安全に省略できるかどうかについても扱われなかった。

葉切除

以前に頭頸部への放射線照射を行っておらず、放射線学的または臨床的に頸部リンパ節転移病変が認められない小さな(1cm未満)、低リスク、単発性、甲状腺内乳頭がんに対する治療としては、甲状腺葉切除単独で十分であろう。この手技による合併症発生率は低いが、葉切除後、約5~10%の患者に甲状腺での再発を認める。 [18]

異常な所属リンパ節については手術時に生検を実施する。確認されたリンパ節転移は最初の手術で除去するが、選択的切除が可能であり、根治的頸部郭清は通常必要ない。これによって再発率は低下するが、生存率の向上はみられていない。甲状腺濾胞がんは肺および骨に転移することが多い。甲状腺葉が残存している場合、除去療法としてI131を使用すると、放射性ヨウ素が腫瘍ではなく残存する正常組織に選択的に取り込まれるため、問題がある。

甲状腺抑制療法

甲状腺葉切除後の患者に対して、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の抑制に十分な量の外因性甲状腺ホルモンを用いる術後療法を実施する。TSHを抑制することで再発率が低下することが数件の研究で示されている。

III期の甲状腺乳頭がんおよび濾胞がん

III期の甲状腺乳頭がんおよび濾胞がんに対する標準治療法の選択肢には以下のものがある:

  1. 甲状腺全摘および転移リンパ節または甲状腺外に及ぶ腫瘍部位の切除。
  2. 腫瘍がこの同位元素を取り込むことが確認された場合は、甲状腺全摘後のRAI療法(I131除去療法)。 [12]
  3. I131の取り込みがわずかである場合は、外照射療法(EBRT)。 [19]

IV期の甲状腺乳頭がんおよび濾胞がん

最もよくみられる転移部位はリンパ節、肺、および骨である。リンパ節転移を治療するだけでしばしば効果が得られる。通常、遠隔転移部位の治療は根治的ではないが、かなりの緩和が得られよう。

ヨウ素感受性甲状腺がんに対する標準治療法の選択肢

ヨウ素感受性甲状腺がんに対する標準治療法の選択肢には以下のものがある:

  1. RAI除去療法:この同位元素を取り込むことが確認された転移巣は、治療量の I131により除去できる可能性がある。

ヨウ素抵抗性甲状腺がんに対する標準治療法の選択肢

ヨウ素抵抗性甲状腺がんに対する標準治療法の選択肢には以下のものがある:

  1. 甲状腺抑制療法。
  2. 標的療法。
  3. 手術。
  4. 外照射療法(EBRT)。

甲状腺抑制療法

チロキシンによるTSH抑制は、I131に感受性のない多くの病変に有効である。

標的療法

ソラフェニブ

ソラフェニブは、経口で活性を示すマルチチロシンキナーゼ阻害薬である。

証拠(ソラフェニブ):

  1. 1件の第III相ランダム化二重盲検プラセボ対照研究(DECISION[NCT00984282])では、進行性のヨウ素抵抗性甲状腺分化がん患者を対象にソラフェニブの活性が評価された。 [20] この試験では、局所進行または転移性の放射性ヨウ素抵抗性甲状腺がん(乳頭がん、濾胞がん[ヒュルトレ細胞がんを含む]、および高分化腫瘍以外として定義される低分化非退形成性腫瘍またはそのような高分化腫瘍で放射性ヨウ素療法に抵抗性となったもの)で、過去14ヵ月以内に進行した患者417人がソラフェニブ(400mg、1日2回)またはプラセボを投与する群にランダムに割り付けられた。以前に化学療法、サリドマイド、または標的療法を受けた患者は除外された。 [20] [証拠レベル:1iDiii]
    • ソラフェニブ群 vs プラセボ群の無増悪生存(PFS)期間中央値は10.8ヵ月 vs 5.8ヵ月であった(ハザード比[HR]、0.59;95%信頼区間[CI]、0.45-0.76;P < 0.0001)。

    • OSで有意な改善は得られなかった(HR、0.80;95%CI、0.54-1.19;片側検定のP値でP = 0.14)が、主要解析のデータカットオフ時点でOS期間中央値に達しておらず、クロスオーバーが許された。

    • 客観的奏効率(いずれも部分奏効)はソラフェニブ群で12.2%であったのに対し、プラセボ群では0.5%であった。

    • 増悪までの期間中央値は、ソラフェニブ群で11.1ヵ月であったの対し、プラセボ群で5.7ヵ月であった(HR、0.56;95%CI、0.43-0.72;P < 0.001)。

    • 有害事象(AE)はソラフェニブで治療された患者の98.6%で発生したのに対し、プラセボで治療された患者では87.6%に発生した。ソラフェニブ群で特に多くみられたAEは、手足皮膚反応(76.3%)、下痢(68.6%)、脱毛(67.1%)、および発疹または落屑(50.2%)であった。ほとんどの事象がグレード1または2であった。ソラフェニブ群では皮膚扁平上皮がんが7人の患者に発生した。

レンバチニブ

レンバチニブは、経口で活性を示すマルチ標的チロシンキナーゼ阻害薬である。

証拠(レンバチニブ):

  1. 1件の第III相ランダム化二重盲検プラセボ対照研究(SELECT[NCT01321554])では、進行したヨウ素抵抗性の甲状腺分化がん患者を対象にレンバチニブの活性が評価された。 [21] この試験で、患者261人がレンバチニブ(24mg/日)投与群にランダムに割り付けられ、患者131人がプラセボ投与群にランダムに割り付けられた。適格患者は、甲状腺分化がん(乳頭がん、濾胞がん、低分化がん、ヒュルトレ細胞がんを含む)で、放射性ヨウ素に抵抗性を示し、過去13ヵ月以内の画像検査で進行の証拠が得られている必要があった。疾患進行の時点で、プラセボ群の患者は、オープンラベルでレンバチニブの投与を受けることができた。 [21] [証拠レベル:1iDiii]
    1. 主要エンドポイントはPFSで、副次エンドポイントはOS、奏効率、および安全性であった。
    2. PFS期間中央値は、レンバチニブ群が18.3ヵ月であったの対し、プラセボ群が3.6ヵ月であった(進行または死亡のHR、0.21;99%CI、0.14-0.31;P < 0.001)。PFSの差は、本試験に登録されたすべての組織型の甲状腺がん患者で観察された。
    3. クロスオーバーの研究デザインであったことで、両群間でOSに有意な差は認められなかった(死亡のHR、0.73;95%CI、0.50-1.07;P = 0.10)。
    4. 客観的奏効率は、レンバチニブ群が64.8% vs プラセボ群が1.5%であった(オッズ比[OR]、28.87;95%CI、12.46–66.86;P < 0.001)。
    5. 治療関連のAE(全グレード)は、レンバチニブ群の患者の97.3%、プラセボ群の患者の59.5%に発生した。
      • グレード3以上のAEは、レンバチニブを投与した患者の75.9%、プラセボを投与した患者の9.9%で観察された。

      • レンバチニブ群で特に多くみられたAEは、高血圧(67.8%)、下痢(59.4%)、疲労(59%)、食欲不振(50.2%)、体重減少(46.4%)、および吐き気(41%)であった。

      • AEによる治験薬の中止は、レンバチニブを投与した患者の14.2%、プラセボを投与した患者の2.3%に発生した。

      • レンバチニブ群で、治療期間に発生した死亡20例中6例が薬物関連とみなされた。

手術

腫瘍がI131を全く取り込まない場合には、限局する転移、特に症候性の転移の切除を検討すべきである。

外照射療法(EBRT)

I131が奏効しない限局病巣の患者にはEBRTを考慮する。 [19]

IV期の甲状腺乳頭がんおよび濾胞がんに対して臨床評価段階にある治療法の選択肢

I131に反応しない患者もまた、この疾患に対する新しいアプローチをテストする臨床試験の候補として検討されるべきである。


  • ときに、化学療法によって長期の完全奏効を得られることも報告されている。 [22] [23] [24]

  • 経口の血管内皮成長因子(VEGF)受容体阻害薬が臨床評価段階にある。 [25] [証拠レベル:2Dii]

甲状腺乳頭がんおよび濾胞がんの再発

初回治療の後に無病状態にあると考えられる患者の約10~30%に再発および/または転移が生じる。これらの患者の約80%は頸部だけに再発するもので、20%は遠隔転移である。遠隔転移の最頻発部位は肺である。初回手術後に再発した289人のシリーズでは、16%が再発後5年の中央値でがんにより死亡している。 [5]

一般に、再発が臨床的に検知可能である場合の予後は細胞型に関係なく不良である。 [26] I131スキャンでしか検知することができない局所または領域の腫瘍が再発した患者では予後良好である。 [27]

後続治療の選択は、以下を含む多くの因子に依存する:


  • 細胞型。

  • I131の取り込み。

  • 治療歴。

  • 再発部位。

  • 個々の患者での考慮事項。

分化がんの治療を受けた患者は、個々の再発のリスクに基づき、身体診察、血清中のサイログロブリン値、および放射線学的検査によって慎重に観察する。 [28]

甲状腺乳頭がんおよび濾胞がんの再発に対する標準治療法の選択肢

甲状腺乳頭がんおよび濾胞がんの再発に対する標準治療法の選択肢には以下のものがある:

  1. 術後放射性ヨウ素(RAI)療法の併用または非併用の手術
  2. 標的療法
  3. EBRT
  4. 化学療法。

術後RAI療法の併用または非併用の手術

I131除去療法を併用するかどうかにかかわらず、手術は、局所再発、所属リンパ節転移、ときにはそれ以外の局部への転移をコントロールするのに有用なことがある。 [29] 腫瘍の再発に対して手術を受けた患者の約50%は、2度目の手術によって無病状態が得られる。 [26] I131スキャンで検知され、臨床的には検知されない局所再発にはI131による治療が可能であり、きわめて良好な予後が得られる。 [30]

高分化甲状腺がんから再発および転移した腫瘍のうち、I131の取り込みを示さないものは25%に上る。このような患者には、以下を含む他の画像技術が有益なことが示された: [31]


  • タリウム-201による画像検査。

  • 磁気共鳴画像法。

  • 5価ジメルカプトコハク酸。

I131に反応しない患者は、この疾患の治療に対する新たなアプローチを検討する臨床試験への候補としても考慮すべきである。

標的療法

ソラフェニブ

ソラフェニブは、経口で活性を示すマルチチロシンキナーゼ阻害薬である。再発病変でI131が集積しない場合またはI131アブレーション後に疾患が再発した場合の治療法選択肢として米国食品医薬品局により承認されている。

証拠(ソラフェニブ):

  1. 1件の第III相ランダム化二重盲検プラセボ対照研究(DECISION[NCT00984282])では、進行性のヨウ素抵抗性甲状腺分化がん患者を対象にソラフェニブの活性が評価された。 [20] この試験では、局所進行または転移性の放射性ヨウ素抵抗性甲状腺がん(乳頭がん、濾胞がん[ヒュルトレ細胞がんを含む]、および低分化腫瘍)で、過去14ヵ月以内に進行した患者417人がソラフェニブ(400mg、1日2回)またはプラセボの投与を受ける群にランダムに割り付けられた。以前に化学療法、サリドマイド、または標的療法を受けた患者は除外された。 [20] [証拠レベル:1iDiii]
    • PFS期間中央値は、ソラフェニブ群で10.8ヵ月であったの対し、プラセボ群で5.8ヵ月であった(HR、0.59;95%CI、0.45-0.76;P < 0.001)。

    • OSで有意な改善は得られなかった(HR、0.80;95%CI、0.54-1.19;片側検定のP値でP = 0.14)が、主要解析のデータカットオフ時点でOS期間中央値に達しておらず、クロスオーバーが許された。

    • 客観的奏効率(いずれも部分奏効)はソラフェニブ群で12.2%であったのに対し、プラセボ群では0.5%であった。

    • 増悪までの期間中央値は、ソラフェニブ群で11.1ヵ月であったの対し、プラセボ群で5.7ヵ月であった(HR、0.56;95%CI、0.43-0.72;P < 0.001)。

    • AEはソラフェニブで治療された患者の98.6%で発生したのに対し、プラセボで治療された患者では87.6%に発生した。ソラフェニブ群で特に多くみられたAEは、手足皮膚反応(76.3%)、下痢(68.6%)、脱毛(67.1%)、および発疹または落屑(50.2%)であった。ほとんどの事象がグレード1または2であった。ソラフェニブ群では皮膚扁平上皮がんが7人の患者に発生した。

レンバチニブ

レンバチニブは、経口で活性を示すマルチ標的チロシンキナーゼ阻害薬である。

証拠(レンバチニブ):

  1. 1件の第III相ランダム化二重盲検プラセボ対照研究(SELECT[NCT01321554])では、進行したヨウ素抵抗性の甲状腺分化がん患者を対象にレンバチニブの活性が評価された。 [21] この試験で、患者261人がレンバチニブ(24mg/日)投与群にランダムに割り付けられ、患者131人がプラセボ投与群にランダムに割り付けられた。適格患者は、甲状腺分化がん(乳頭がん、濾胞がん、低分化がん、ヒュルトレ細胞がんを含む)で、放射性ヨウ素に抵抗性を示し、過去13ヵ月以内の画像検査で進行の証拠が得られている必要があった。疾患進行の時点で、プラセボ群の患者は、オープンラベルでレンバチニブの投与を受けることができた。 [21] [証拠レベル:1iDiii]
    1. 主要エンドポイントはPFSで、副次エンドポイントはOS、奏効率、および安全性であった。
    2. PFS期間中央値は、レンバチニブ群が18.3ヵ月であったの対し、プラセボ群が3.6ヵ月であった(進行または死亡のHR、0.21;99%CI、0.14-0.31;P < 0.001)。PFSの差は、本試験に登録されたすべての組織型の甲状腺がん患者で観察された。
    3. クロスオーバーの研究デザインであったことで、両群間でOSに有意な差は認められなかった(死亡のHR、0.73;95%CI、0.50-1.07;P = 0.10)。
    4. 客観的奏効率は、レンバチニブ群が64.8% vs プラセボ群が1.5%であった(OR、28.87;95%CI、12.46–66.86;P < 0.001)。
    5. 治療関連のAE(全グレード)は、レンバチニブ群の患者の97.3%、プラセボ群の患者の59.5%に発生した。
      • グレード3以上のAEは、レンバチニブを投与した患者の75.9%、プラセボを投与した患者の9.9%で観察された。

      • レンバチニブ群における最も頻度の高いAEは、高血圧(67.8%)で、下痢(59.4%)、疲労(59%)、食欲不振(50.2%)、体重減少(46.4%)、吐き気(41%)であった。

      • AEによる治験薬の中止は、レンバチニブを投与した患者の14.2%、プラセボを投与した患者の2.3%に発生した。

      • レンバチニブ群で、治療期間に発生した死亡20例中6例が薬物関連とみなされた。

EBRT

局所腫瘍再発に関係する症状のコントロールには、EBRTまたは術中照射が有用なことがある。 [32]

化学療法

治療法に全身化学療法が考慮される。化学療法によって、通常は短期間であるがときに客観的奏効を得られると報告されている。 [24] [27]

甲状腺乳頭がんおよび濾胞がんの再発に対して臨床評価段階にある治療法の選択肢

このような患者に対しては、この疾患に対する新たな治療アプローチを評価する臨床試験への参加を考慮すべきである。経口のVEGF受容体阻害薬が臨床評価段階にある。 [25] [証拠レベル:2Dii]

最新の臨床試験

I期の甲状腺乳頭がんI期の甲状腺濾胞がんII期の甲状腺乳頭がんII期の甲状腺濾胞がんIII期の甲状腺乳頭がんIII期の甲状腺濾胞がんIV期の甲状腺乳頭がんIV期の甲状腺濾胞がん、および甲状腺がん再発の患者を現在受け入れているNCI支援のがん臨床試験のリストを参照のこと(なお、このサイトは日本語検索に対応していない。日本語でのタイトル検索は、こちらから)。臨床試験のリストは、場所、薬物、介入、他の基準によりさらに絞り込むことができる。

臨床試験に関する一般情報は、NCIウェブサイトからも入手することができる。


参考文献
  1. Haigh PI, Urbach DR: The treatment and prognosis of Hürthle cell follicular thyroid carcinoma compared with its non-Hürthle cell counterpart. Surgery 138 (6): 1152-7; discussion 1157-8, 2005.[PUBMED Abstract]

  2. Carling T, Udelsman R: Thyroid tumors. In: DeVita VT Jr, Lawrence TS, Rosenberg SA: Cancer: Principles and Practice of Oncology. 9th ed. Philadelphia, Pa: Lippincott Williams & Wilkins, 2011, pp 1457-72.[PUBMED Abstract]

  3. Grant CS, Hay ID, Gough IR, et al.: Local recurrence in papillary thyroid carcinoma: is extent of surgical resection important? Surgery 104 (6): 954-62, 1988.[PUBMED Abstract]

  4. Cady B, Rossi R: An expanded view of risk-group definition in differentiated thyroid carcinoma. Surgery 104 (6): 947-53, 1988.[PUBMED Abstract]

  5. Mazzaferri EL, Jhiang SM: Long-term impact of initial surgical and medical therapy on papillary and follicular thyroid cancer. Am J Med 97 (5): 418-28, 1994.[PUBMED Abstract]

  6. Staunton MD: Thyroid cancer: a multivariate analysis on influence of treatment on long-term survival. Eur J Surg Oncol 20 (6): 613-21, 1994.[PUBMED Abstract]

  7. Tollefsen HR, Shah JP, Huvos AG: Follicular carcinoma of the thyroid. Am J Surg 126 (4): 523-8, 1973.[PUBMED Abstract]

  8. Edis AJ: Surgical treatment for thyroid cancer. Surg Clin North Am 57 (3): 533-42, 1977.[PUBMED Abstract]

  9. Vaccarella S, Franceschi S, Bray F, et al.: Worldwide Thyroid-Cancer Epidemic? The Increasing Impact of Overdiagnosis. N Engl J Med 375 (7): 614-7, 2016.[PUBMED Abstract]

  10. Bilimoria KY, Bentrem DJ, Ko CY, et al.: Extent of surgery affects survival for papillary thyroid cancer. Ann Surg 246 (3): 375-81; discussion 381-4, 2007.[PUBMED Abstract]

  11. Bilimoria KY, Bentrem DJ, Linn JG, et al.: Utilization of total thyroidectomy for papillary thyroid cancer in the United States. Surgery 142 (6): 906-13; discussion 913.e1-2, 2007.[PUBMED Abstract]

  12. Beierwaltes WH, Rabbani R, Dmuchowski C, et al.: An analysis of "ablation of thyroid remnants" with I-131 in 511 patients from 1947-1984: experience at University of Michigan. J Nucl Med 25 (12): 1287-93, 1984.[PUBMED Abstract]

  13. Hänscheid H, Lassmann M, Luster M, et al.: Iodine biokinetics and dosimetry in radioiodine therapy of thyroid cancer: procedures and results of a prospective international controlled study of ablation after rhTSH or hormone withdrawal. J Nucl Med 47 (4): 648-54, 2006.[PUBMED Abstract]

  14. Hay ID, Grant CS, van Heerden JA, et al.: Papillary thyroid microcarcinoma: a study of 535 cases observed in a 50-year period. Surgery 112 (6): 1139-46; discussion 1146-7, 1992.[PUBMED Abstract]

  15. Schvartz C, Bonnetain F, Dabakuyo S, et al.: Impact on overall survival of radioactive iodine in low-risk differentiated thyroid cancer patients. J Clin Endocrinol Metab 97 (5): 1526-35, 2012.[PUBMED Abstract]

  16. Schlumberger M, Catargi B, Borget I, et al.: Strategies of radioiodine ablation in patients with low-risk thyroid cancer. N Engl J Med 366 (18): 1663-73, 2012.[PUBMED Abstract]

  17. Mallick U, Harmer C, Yap B, et al.: Ablation with low-dose radioiodine and thyrotropin alfa in thyroid cancer. N Engl J Med 366 (18): 1674-85, 2012.[PUBMED Abstract]

  18. Hay ID, Grant CS, Bergstralh EJ, et al.: Unilateral total lobectomy: is it sufficient surgical treatment for patients with AMES low-risk papillary thyroid carcinoma? Surgery 124 (6): 958-64; discussion 964-6, 1998.[PUBMED Abstract]

  19. Simpson WJ, Carruthers JS: The role of external radiation in the management of papillary and follicular thyroid cancer. Am J Surg 136 (4): 457-60, 1978.[PUBMED Abstract]

  20. Brose MS, Nutting CM, Jarzab B, et al.: Sorafenib in radioactive iodine-refractory, locally advanced or metastatic differentiated thyroid cancer: a randomised, double-blind, phase 3 trial. Lancet 384 (9940): 319-28, 2014.[PUBMED Abstract]

  21. Schlumberger M, Tahara M, Wirth LJ, et al.: Lenvatinib versus placebo in radioiodine-refractory thyroid cancer. N Engl J Med 372 (7): 621-30, 2015.[PUBMED Abstract]

  22. Gottlieb JA, Hill CS Jr, Ibanez ML, et al.: Chemotherapy of thyroid cancer. An evaluation of experience with 37 patients. Cancer 30 (3): 848-53, 1972.[PUBMED Abstract]

  23. Harada T, Nishikawa Y, Suzuki T, et al.: Bleomycin treatment for cancer of the thyroid. Am J Surg 122 (1): 53-7, 1971.[PUBMED Abstract]

  24. Shimaoka K, Schoenfeld DA, DeWys WD, et al.: A randomized trial of doxorubicin versus doxorubicin plus cisplatin in patients with advanced thyroid carcinoma. Cancer 56 (9): 2155-60, 1985.[PUBMED Abstract]

  25. Sherman SI, Wirth LJ, Droz JP, et al.: Motesanib diphosphate in progressive differentiated thyroid cancer. N Engl J Med 359 (1): 31-42, 2008.[PUBMED Abstract]

  26. Goretzki PE, Simon D, Frilling A, et al.: Surgical reintervention for differentiated thyroid cancer. Br J Surg 80 (8): 1009-12, 1993.[PUBMED Abstract]

  27. De Besi P, Busnardo B, Toso S, et al.: Combined chemotherapy with bleomycin, adriamycin, and platinum in advanced thyroid cancer. J Endocrinol Invest 14 (6): 475-80, 1991.[PUBMED Abstract]

  28. Ross DS: Long-term management of differentiated thyroid cancer. Endocrinol Metab Clin North Am 19 (3): 719-39, 1990.[PUBMED Abstract]

  29. Pak H, Gourgiotis L, Chang WI, et al.: Role of metastasectomy in the management of thyroid carcinoma: the NIH experience. J Surg Oncol 82 (1): 10-8, 2003.[PUBMED Abstract]

  30. Coburn M, Teates D, Wanebo HJ: Recurrent thyroid cancer. Role of surgery versus radioactive iodine (I131) Ann Surg 219 (6): 587-93; discussion 593-5, 1994.[PUBMED Abstract]

  31. Mallin WH, Elgazzar AH, Maxon HR 3rd: Imaging modalities in the follow-up of non-iodine avid thyroid carcinoma. Am J Otolaryngol 15 (6): 417-22, 1994 Nov-Dec.[PUBMED Abstract]

  32. Vikram B, Strong EW, Shah JP, et al.: Intraoperative radiotherapy in patients with recurrent head and neck cancer. Am J Surg 150 (4): 485-7, 1985.[PUBMED Abstract]

 | 

甲状腺髄様がん(MTC)

孤発性および家族性MTC

MTCは、孤発性および家族性の2つの形で発生する。通常、孤発性の腫瘍は片側性である。家族性ではほとんどが両側性である。また、家族性の場合、一般に多発性内分泌腫瘍症(MEN)症候群2A型および2B型(MEN2AまたはMEN2B)と呼ばれる甲状腺以外の内分泌器官の良性腫瘍または悪性腫瘍と関連していることがある。これらの症候群には、副腎褐色細胞腫および副甲状腺過形成との関係がみられる。

報告されているMTCの約25%が家族性である。家族性MTC症候群には、最も多くみられるMEN2A、MEN 2B、および家族性非MEN症候群がある。(詳しい情報については、内分泌および神経内分泌腫瘍の遺伝学に関するPDQ要約を参照のこと。)家族性多様体の患者であれば、特に上皮小体過形成および褐色細胞腫など、他の関連内分泌腫瘍についてスクリーニングを実施する。通常、髄様がんはホルモン性腫瘍マーカーであるカルシトニンを分泌し、臨床的には潜伏がんである場合であっても血液から検出できる。診断および治療成績の追跡には、カルシトニン値の測定が有用である。

MTC(家族性、孤発性を問わず)患者では、RET変異の検査を行い、陽性であれば、家族についても検査を行う。家族性MTCの発症リスクがある他の家族員を特定するために、家族員についてカルシトニン上昇および/またはRETがん原遺伝子変異のスクリーニングを行う。カルシトニンの上昇が小さければ髄様がんの偽陽性診断に至ることがあるため、RET変異を調べるDNA検査が最適な方法である。遺伝子変異のキャリアである家族員は、若い年齢で予防的甲状腺切除術を受けることを選択してもよい。 [1] [2]

臨床所見と予後

MTCは全甲状腺がんの3~4%を占める。これらの腫瘍は、通常、頸部または甲状腺に硬い腫瘤として現れ、しばしばリンパ節腫脹を伴っている。 [3] また、細針吸引生検による診断も可能である。細胞診断によれば、概して紡錘型細胞であり癒着性の低い細胞に富む腫瘍であることが分かる。 [4] 約50%に所属リンパ節への転移を認める。

MTCの全生存率は、5年で86%であり10年では65%である。

予後は以下によって異なる: [5]


  • 初診時の病変の拡がり。

  • 所属リンパ節転移の有無。

  • 外科的切除の完全性。

予後不良因子には以下のものがある: [4] [6] [7]


  • 年齢が高い。

  • 進行した病期。

  • 頸部手術歴。

  • MEN2Bと関連。

MTCの病期情報

MTCの病変の拡がりと長期生存を相関させた病期分類システムがいくつか用いられている。米国がん合同委員会(AJCC)の臨床病期分類システムでは、生存期間と原発腫瘍の大きさ(T)、リンパ節転移の有無(N)、および遠隔転移の有無(M)とを相関させている。最も予後が良好な患者は、触知可能な腫瘍が現れる前に誘発スクリーニングによって診断された患者である。 [8]

表3.MTCのTNM病期の定義

病期 T 説明 イラスト
M = 遠隔転移;N = 所属リンパ節;T = 原発腫瘍。
AJCCから許諾を得て転載:Thyroid. In: Edge SB, Byrd DR, Compton CC, et al., eds.: AJCC Cancer Staging Manual. 7th ed. New York, NY: Springer, 2010, pp 87-96.
aすべてのカテゴリーはさらに、(s)孤立腫瘍および(m)多病巣性腫瘍に区分しうる(最も大きい病巣に基づいて分類を決定)。
b所属リンパ節は、中枢部、外側頸部、および上縦隔リンパ節である。
I T1、N0、M0 T1 甲状腺に限局し最大径が2cm以下の腫瘍。
N0 所属リンパ節に転移を認めない。
M0 遠隔転移を認めない。
II T2-T3、N0、M0 T2 甲状腺に限局した最大径が2cmを超え4cm以下の腫瘍。
T3 甲状腺に限局し最大径が4cmを超える腫瘍または甲状腺外への最小限の浸潤を認めるすべての腫瘍(例えば、胸骨甲状筋または甲状腺周囲の軟部組織への進展)。
N0 所属リンパ節に転移を認めない。
M0 遠隔転移を認めない。
III T1-T3、N1a、M0 T1 甲状腺に限局し最大径が2cm以下の腫瘍。
T1a 甲状腺に限局し1cm以下の腫瘍。
T1b 甲状腺に限局した最大径が1cmを超え2cm以下の腫瘍。
T2 甲状腺に限局した最大径が2cmを超え4cm以下の腫瘍。
T3 甲状腺に限局し最大径が4cmを超える腫瘍または甲状腺外への最小限の浸潤を認めるすべての腫瘍(例えば、胸骨甲状筋または甲状腺周囲の軟部組織への進展)。
N1a レベルVI(気管前、気管傍、および喉頭前/デルフィのリンパ節)への転移を認める。
M0 遠隔転移を認めない。
IVA T1-T4a、N0-N1b、M0 T1 甲状腺に限局し最大径が2cm以下の腫瘍。
T1a 甲状腺に限局し1cm以下の腫瘍。
T1b 甲状腺に限局した最大径が1cmを超え2cm以下の腫瘍。
T2 甲状腺に限局した最大径が2cmを超え4cm以下の腫瘍。
T3 甲状腺に限局し最大径が4cmを超える腫瘍または甲状腺外への最小限の浸潤を認めるすべての腫瘍(例えば、胸骨甲状筋または甲状腺周囲の軟部組織への進展)。
T4a 中等度に進行した疾患。
大きさを問わず、甲状腺の被膜を越えて進展し、軟部皮下組織、喉頭、気管、食道、または反回神経に浸潤する腫瘍。
N0 所属リンパ節に転移を認めない。
N1 所属リンパ節に転移を認める。
N1a レベルVI(気管前、気管傍、および喉頭前/デルフィのリンパ節)への転移を認める。
N1b 片側、両側、または対側の頸部リンパ節(レベルI、II、III、IV、またはV)あるいは咽頭後または上縦隔リンパ節(レベルVII)への転移を認める。
M0 遠隔転移を認めない。
IVB T4b、すべてのN、M0 T4b かなり進行した疾患。
椎前筋膜に浸潤し、頸動脈または縦隔血管を完全に包み込む腫瘍。
NX 所属リンパ節の評価が不可能。
N0 所属リンパ節に転移を認めない。
N1 所属リンパ節に転移を認める。
N1a レベルVI(気管前、気管傍、および喉頭前/デルフィのリンパ節)への転移を認める。
N1b 片側、両側、または対側の頸部リンパ節(レベルI、II、III、IV、またはV)あるいは咽頭後または上縦隔リンパ節(レベルVII)への転移を認める。
M0 遠隔転移を認めない。
IVC すべてのT、すべてのN、M1 TX 原発腫瘍の評価が不可能。
T0 原発腫瘍を認めない。
T1 甲状腺に限局し最大径が2cm以下の腫瘍。
T1a 甲状腺に限局し1cm以下の腫瘍。
T1b 甲状腺に限局した最大径が1cmを超え2cm以下の腫瘍。
T2 甲状腺に限局した最大径が2cmを超え4cm以下の腫瘍。
T3 甲状腺に限局し最大径が4cmを超える腫瘍または甲状腺外への最小限の浸潤を認めるすべての腫瘍(例えば、胸骨甲状筋または甲状腺周囲の軟部組織への進展)。
T4a 中等度に進行した疾患。
大きさを問わず、甲状腺の被膜を越えて進展し、軟部皮下組織、喉頭、気管、食道、または反回神経に浸潤する腫瘍。
T4b かなり進行した疾患。
椎前筋膜に浸潤し、頸動脈または縦隔血管を完全に包み込む腫瘍。
NX 所属リンパ節の評価が不可能。
N0 所属リンパ節に転移を認めない。
N1 所属リンパ節に転移を認める。
N1a レベルVI(気管前、気管傍、および喉頭前/デルフィのリンパ節)への転移を認める。
N1b 片側、両側、または対側の頸部リンパ節(レベルI、II、III、IV、またはV)あるいは咽頭後または上縦隔リンパ節(レベルVII)への転移を認める。
M1 遠隔転移を認める。


MTCに対する標準治療法の選択肢

限局性病変

限局性MTCに対する標準治療法の選択肢には以下のものがある:

  1. 甲状腺全摘。
  2. 外照射療法(EBRT)。

放射線ヨウ素の使用はMTCの治療に含まれない。

甲状腺全摘

遠隔転移を示す証拠がない限り、MTC患者は甲状腺全摘で治療する。MTCが臨床的に触知可能な患者では、顕微鏡的陽性リンパ節の発生率が75%を超える。ルーチンの中央および両側の頸部郭清術変法が一般に行われる。 [9] 甲状腺に限局するものであれば、予後は良好である。

EBRT

EBRTが局所再発腫瘍の症状緩和に用いられているが、生存利益が得られる証拠はない。 [10]

局所進行および転移病変

局所進行および転移MTCに対する標準治療法の選択肢には以下のものがある:

  1. 標的療法
  2. 緩和目的の化学療法。

標的療法

バンデタニブ

バンデタニブは、RET(rearranged during transfection:トランスフェクション中の再構成)受容体キナーゼ、血管内皮成長因子受容体、および上皮成長因子受容体(VEGFR)の経口阻害薬である。

証拠(バンデタニブ):

  1. バンデタニブは、局所進行および転移病変を有する患者331人を対象に試験薬への割り付けを2:1としたプラセボ対照のプロスペクティブ試験(NCT00410761)で検証されている。 [11] [証拠レベル:1iiDiii]
    • 追跡期間中央値24ヵ月で、無増悪生存(PFS)はバンデタニブ群が良好で(ハザード比、0.46;95%信頼区間、0.31-0.69;P < 0.001)、PFS期間中央値はバンデタニブ群30.5ヵ月 vs プラセボ群19.3ヵ月と推定された。

    • 24ヵ月で全生存(OS)率に差はなかった。解析時点で47人を除くすべての患者が生存していたことから長期の追跡が必要であり、プラセボ群から病勢進行時点で試験薬へのクロスオーバーがあったことでOSの解析が困難になっている。

    • バンデタニブでは、下痢、発疹、高血圧、およびQT延長を含め、重大な副作用がみられる。この試験で生活の質についての正式な評価は行われなかった。

cabozantinib

cabozantinibは、RET受容体キナーゼ、肝細胞増殖因子(MET)、およびVEGFR-2の経口チロシンキナーゼ阻害薬である。

証拠(cabozantinib):

  1. cabozantinibは、転移性MTCで、画像検査で疾患進行が確認された患者330人を対象に、ランダム化二重盲検プラセボ対照第III相試験(EXAM[NCT00704730])で評価されている。患者は、cabozantinib(140mg/日)またはプラセボを投与する群に2:1の比率でランダムに割り付けられた。プラセボが投与された患者は、cabozantinibへのクロスオーバーが認められなかった。 [12] [証拠レベル:1iDiii]
    • この研究の主要エンドポイントはPFSで、その他の転帰測定値は、奏効率、OS、および安全性であった。

    • PFS期間中央値は、cabozantinib群が11.2ヵ月、プラセボ群が4.0ヵ月と推定された(HR、0.28;95%CI、0.19-0.40;P < 0.001)。PFSの差は、すべてのサブグループにわたって観察され、過去のチロシンキナーゼ阻害薬による治療およびRET変異状態と無関係であった。

    • 計画されたOSの中間解析で、2群間に統計的有意差は認められなかった(HR、0.98;95%CI、0.63‒1.52)。

    • 客観的奏効率は、cabozantinib群が28%(すべて部分奏効)、プラセボ群が0%であった(P < 0.001)。奏効持続期間中央値は、14.6ヵ月(95%CI、11.1‒17.5ヵ月)と推定された。奏効は、RET変異状態にかかわりなく観察された。

    • 特に多くみられたcabozantinib関連のAE(全グレード)は、下痢(63.1%)、手掌・足底発赤知覚不全症候群(50%)、体重減少(47.7%)、食欲不振(45.8%)、吐き気(43%)、および疲労(40.7%)であった。

    • グレード3以上のAEは、cabozantinib群の患者で69%、プラセボ群の患者で33%に発生した。

    • AEにより、cabozantinib投与患者の16%およびプラセボ投与患者の8%が治療を中止した。

緩和目的の化学療法

症状緩和のための化学療法により、転移病変を有する患者に反応が偶発的にみられることが報告されている。 [13] [14] [15] [16] いかなる薬物レジメンも標準治療法とはみなされない。遠隔転移を認める患者のなかには長期生存を経験し、症状を示すようになるまで期待をもって管理できる者もいる。

最新の臨床試験

甲状腺髄様がん患者を現在受け入れているNCI支援のがん臨床試験のリストを参照のこと(なお、このサイトは日本語検索に対応していない。日本語でのタイトル検索は、こちらから)。臨床試験のリストは、場所、薬物、介入、他の基準によりさらに絞り込むことができる。

臨床試験に関する一般情報は、NCIウェブサイトからも入手することができる。


参考文献
  1. Lips CJ, Landsvater RM, Höppener JW, et al.: Clinical screening as compared with DNA analysis in families with multiple endocrine neoplasia type 2A. N Engl J Med 331 (13): 828-35, 1994.[PUBMED Abstract]

  2. Decker RA, Peacock ML, Borst MJ, et al.: Progress in genetic screening of multiple endocrine neoplasia type 2A: is calcitonin testing obsolete? Surgery 118 (2): 257-63; discussion 263-4, 1995.[PUBMED Abstract]

  3. Soh EY, Clark OH: Surgical considerations and approach to thyroid cancer. Endocrinol Metab Clin North Am 25 (1): 115-39, 1996.[PUBMED Abstract]

  4. Giuffrida D, Gharib H: Current diagnosis and management of medullary thyroid carcinoma. Ann Oncol 9 (7): 695-701, 1998.[PUBMED Abstract]

  5. Carling T, Udelsman R: Thyroid tumors. In: DeVita VT Jr, Lawrence TS, Rosenberg SA: Cancer: Principles and Practice of Oncology. 9th ed. Philadelphia, Pa: Lippincott Williams & Wilkins, 2011, pp 1457-72.[PUBMED Abstract]

  6. Saad MF, Ordonez NG, Rashid RK, et al.: Medullary carcinoma of the thyroid. A study of the clinical features and prognostic factors in 161 patients. Medicine (Baltimore) 63 (6): 319-42, 1984.[PUBMED Abstract]

  7. Bergholm U, Bergström R, Ekbom A: Long-term follow-up of patients with medullary carcinoma of the thyroid. Cancer 79 (1): 132-8, 1997.[PUBMED Abstract]

  8. Colson YL, Carty SE: Medullary thyroid carcinoma. Am J Otolaryngol 14 (2): 73-81, 1993 Mar-Apr.[PUBMED Abstract]

  9. Moley JF, DeBenedetti MK: Patterns of nodal metastases in palpable medullary thyroid carcinoma: recommendations for extent of node dissection. Ann Surg 229 (6): 880-7; discussion 887-8, 1999.[PUBMED Abstract]

  10. Brierley JD, Tsang RW: External radiation therapy in the treatment of thyroid malignancy. Endocrinol Metab Clin North Am 25 (1): 141-57, 1996.[PUBMED Abstract]

  11. Wells SA Jr, Robinson BG, Gagel RF, et al.: Vandetanib in patients with locally advanced or metastatic medullary thyroid cancer: a randomized, double-blind phase III trial. J Clin Oncol 30 (2): 134-41, 2012.[PUBMED Abstract]

  12. Elisei R, Schlumberger MJ, Müller SP, et al.: Cabozantinib in progressive medullary thyroid cancer. J Clin Oncol 31 (29): 3639-46, 2013.[PUBMED Abstract]

  13. Shimaoka K, Schoenfeld DA, DeWys WD, et al.: A randomized trial of doxorubicin versus doxorubicin plus cisplatin in patients with advanced thyroid carcinoma. Cancer 56 (9): 2155-60, 1985.[PUBMED Abstract]

  14. De Besi P, Busnardo B, Toso S, et al.: Combined chemotherapy with bleomycin, adriamycin, and platinum in advanced thyroid cancer. J Endocrinol Invest 14 (6): 475-80, 1991.[PUBMED Abstract]

  15. Wu LT, Averbuch SD, Ball DW, et al.: Treatment of advanced medullary thyroid carcinoma with a combination of cyclophosphamide, vincristine, and dacarbazine. Cancer 73 (2): 432-6, 1994.[PUBMED Abstract]

  16. Orlandi F, Caraci P, Berruti A, et al.: Chemotherapy with dacarbazine and 5-fluorouracil in advanced medullary thyroid cancer. Ann Oncol 5 (8): 763-5, 1994.[PUBMED Abstract]

 | 

未分化甲状腺がん

臨床所見と予後

未分化がんはきわめて悪性度の高い甲状腺がんである。これは小細胞がんまたは大細胞がんに分類される。いずれも急速に増殖し、甲状腺外の組織に進展する。小細胞がんも大細胞がんも硬度が高く、境界不明瞭な腫瘍であり、しばしば甲状腺の周辺組織への進展を伴う。甲状腺小細胞性未分化がんとリンパ腫とは注意して区別する必要がある。通常、甲状腺小細胞性未分化がんは年配者にみられ、広範な局所浸潤および急速な進行を特徴とする。 [1]

この腫瘍の5年生存率は低い。通常、死因は頸部の制御不能のがんであり、診断後数ヵ月以内に死亡する。

未分化甲状腺がんの病期情報

未分化甲状腺がんの全患者がIV期に属すると考えられている。

表4.未分化甲状腺がんのTNM病期の定義

病期 T 説明 イラスト
M = 遠隔転移;N = 所属リンパ節;T = 原発腫瘍。
AJCCから許諾を得て転載:Thyroid. In: Edge SB, Byrd DR, Compton CC, et al., eds.: AJCC Cancer Staging Manual. 7th ed. New York, NY: Springer, 2010, pp 87-96.
aすべてのカテゴリーはさらに、(s)孤立腫瘍および(m)多病巣性腫瘍に区分しうる(最も大きい病巣に基づいて分類を決定)。
b所属リンパ節は、中枢部、外側頸部、および上縦隔リンパ節である。
cすべての未分化がんはT4の腫瘍とみなされる。
IVA T4a、すべてのN、M0 T4a 中等度に進行した疾患。
大きさを問わず、甲状腺の被膜を越えて進展し、軟部皮下組織、喉頭、気管、食道、または反回神経に浸潤する腫瘍。
NX 所属リンパ節の評価が不可能。
N0 所属リンパ節に転移を認めない。
N1 所属リンパ節に転移を認める。
N1a レベルVI(気管前、気管傍、および喉頭前/デルフィのリンパ節)への転移を認める。
N1b 片側、両側、または対側の頸部リンパ節(レベルI、II、III、IV、またはV)あるいは咽頭後または上縦隔リンパ節(レベルVII)への転移を認める。
M0 遠隔転移を認めない。
IVB T4b、すべてのN、M0 T4b かなり進行した疾患。
椎前筋膜に浸潤し、頸動脈または縦隔血管を完全に包み込む腫瘍。
NX 所属リンパ節の評価が不可能。
N0 所属リンパ節に転移を認めない。
N1 所属リンパ節に転移を認める。
N1a レベルVI(気管前、気管傍、および喉頭前/デルフィのリンパ節)への転移を認める。
N1b 片側、両側、または対側の頸部リンパ節(レベルI、II、III、IV、またはV)あるいは咽頭後または上縦隔リンパ節(レベルVII)への転移を認める。
M0 遠隔転移を認めない。
IVC すべてのT、すべてのN、M1 TX 原発腫瘍の評価が不可能。
T0 原発腫瘍を認めない。
T1 甲状腺に限局し最大径が2cm以下の腫瘍。
T1a 甲状腺に限局し1cm以下の腫瘍。
T1b 甲状腺に限局した最大径が1cmを超え2cm以下の腫瘍。
T2 甲状腺に限局した最大径が2cmを超え4cm以下の腫瘍。
T3 甲状腺に限局し最大径が4cmを超える腫瘍または甲状腺外への最小限の浸潤を認めるすべての腫瘍(例えば、胸骨甲状筋または甲状腺周囲の軟部組織への進展)。
T4a 中等度に進行した疾患。
大きさを問わず、甲状腺の被膜を越えて進展し、軟部皮下組織、喉頭、気管、食道、または反回神経に浸潤する腫瘍。
T4b かなり進行した疾患。
椎前筋膜に浸潤し、頸動脈または縦隔血管を完全に包み込む腫瘍。
cT4a 甲状腺内未分化がん。
cT4b 甲状腺外への肉眼的浸潤を認める未分化がん。
NX 所属リンパ節の評価が不可能。
N0 所属リンパ節に転移を認めない。
N1 所属リンパ節に転移を認める。
N1a レベルVI(気管前、気管傍、および喉頭前/デルフィのリンパ節)への転移を認める。
N1b 片側、両側、または対側の頸部リンパ節(レベルI、II、III、IV、またはV)あるいは咽頭後または上縦隔リンパ節(レベルVII)への転移を認める。
M1 遠隔転移を認める。


未分化甲状腺がんに対する標準治療法の選択肢

未分化甲状腺がんに対する標準治療法の選択肢には以下のものがある:

  1. 手術
  2. 外照射療法(EBRT)
  3. 化学療法

手術

まれであるが、病変が局所に限局している場合でも、腫瘍の腫瘤が引き起こす症状を軽減するために甲状腺全摘が必要である。 [2] [3]

EBRT

外科手術の対象とならない患者または腫瘍が外科手術によって切除できない患者では、EBRTを使用してもよい。

化学療法

未分化甲状腺がんは、I131療法に反応しない。個々の抗がん剤を用いる治療によって一部の患者で部分寛解が得られたことが報告されている。約30%がドキソルビシンによる部分寛解を得ている。 [4] ドキソルビシンおよびシスプラチンを併用すると、ドキソルビシン単独よりも効果が大きいと思われ、多くの完全奏効が報告されている。 [5]

完全切除の後、化学療法と放射線療法との併用によって長期生存が得られる可能性があるが、これは単独の治療法と比較されているわけではない。 [6] [7]

最新の臨床試験

未分化甲状腺がん患者を現在受け入れているNCI支援のがん臨床試験のリストを参照のこと(なお、このサイトは日本語検索に対応していない。日本語でのタイトル検索は、こちらから)。臨床試験のリストは、場所、薬物、介入、他の基準によりさらに絞り込むことができる。

臨床試験に関する一般情報は、NCIウェブサイトからも入手することができる。


参考文献
  1. Neff RL, Farrar WB, Kloos RT, et al.: Anaplastic thyroid cancer. Endocrinol Metab Clin North Am 37 (2): 525-38, xi, 2008.[PUBMED Abstract]

  2. Goldman JM, Goren EN, Cohen MH, et al.: Anaplastic thyroid carcinoma: long-term survival after radical surgery. J Surg Oncol 14 (4): 389-94, 1980.[PUBMED Abstract]

  3. Aldinger KA, Samaan NA, Ibanez M, et al.: Anaplastic carcinoma of the thyroid: a review of 84 cases of spindle and giant cell carcinoma of the thyroid. Cancer 41 (6): 2267-75, 1978.[PUBMED Abstract]

  4. Carling T, Udelsman R: Thyroid tumors. In: DeVita VT Jr, Lawrence TS, Rosenberg SA: Cancer: Principles and Practice of Oncology. 9th ed. Philadelphia, Pa: Lippincott Williams & Wilkins, 2011, pp 1457-72.[PUBMED Abstract]

  5. Shimaoka K, Schoenfeld DA, DeWys WD, et al.: A randomized trial of doxorubicin versus doxorubicin plus cisplatin in patients with advanced thyroid carcinoma. Cancer 56 (9): 2155-60, 1985.[PUBMED Abstract]

  6. Haigh PI, Ituarte PH, Wu HS, et al.: Completely resected anaplastic thyroid carcinoma combined with adjuvant chemotherapy and irradiation is associated with prolonged survival. Cancer 91 (12): 2335-42, 2001.[PUBMED Abstract]

  7. De Crevoisier R, Baudin E, Bachelot A, et al.: Combined treatment of anaplastic thyroid carcinoma with surgery, chemotherapy, and hyperfractionated accelerated external radiotherapy. Int J Radiat Oncol Biol Phys 60 (4): 1137-43, 2004.[PUBMED Abstract]

 | 

本要約の変更点(05/12/2017)

PDQがん情報要約は定期的に見直され、新情報が利用可能になり次第更新される。本セクションでは、上記の日付における本要約最新変更点を記述する。

甲状腺がんに関する一般情報

新規症例数および死亡数の推定値に関する統計が2017年度用に更新された(引用、参考文献2としてAmerican Cancer Society)。

甲状腺がんに対する治療法選択肢の概要

局所進行または転移性甲状腺髄様がん(MTC)に対する追加の治療法選択肢として標的療法を追加するように、表1が改訂された。

甲状腺乳頭がんおよび濾胞がん

表2が改訂され、病期分類のイラストが追加された。

IV期下の新規のサブセクションとして、レンバチニブが追加された。

疾患再発下の新規のサブセクションとして、レンバチニブが追加された。

MTC

表3が改訂され、病期分類のイラストが追加された。

新規のサブセクションとして、cabozantinibが追加された。

未分化甲状腺がん

表4が改訂され、病期分類のイラストが追加された。

本セクションには編集上の変更がなされた。

本要約はPDQ Adult Treatment Editorial Boardが作成と内容の更新を行っており、編集に関してはNCIから独立している。本要約は独自の文献レビューを反映しており、NCIまたはNIHの方針声明を示すものではない。PDQ要約の更新におけるPDQ編集委員会の役割および要約の方針に関する詳しい情報については、本PDQ要約についておよびPDQ® - NCI's Comprehensive Cancer Databaseを参照のこと。

 | 

本PDQ要約について

本要約の目的

医療専門家向けの本PDQがん情報要約では、甲状腺がんの治療について、包括的な、専門家の査読を経た、そして証拠に基づいた情報を提供する。本要約は、がん患者を治療する臨床家に情報を与え支援するための情報資源として作成されている。これは医療における意思決定のための公式なガイドラインまたは推奨事項を提供しているわけではない。

査読者および更新情報

本要約は編集作業において米国国立がん研究所(NCI)とは独立したPDQ Adult Treatment Editorial Boardにより定期的に見直され、随時更新される。本要約は独自の文献レビューを反映しており、NCIまたは米国国立衛生研究所(NIH)の方針声明を示すものではない。

委員会のメンバーは毎月、最近発表された記事を見直し、記事に対して以下を行うべきか決定する:


  • 会議での議論、

  • 本文の引用、または

  • 既に引用されている既存の記事との入れ替え、または既存の記事の更新。

要約の変更は、発表された記事の証拠の強さを委員会のメンバーが評価し、記事を本要約にどのように組み入れるべきかを決定するコンセンサス過程を経て行われる。

甲状腺がんの治療に対する主要な査読者は以下の通りである:


    本要約の内容に関するコメントまたは質問は、NCIウェブサイトのEmail UsからCancer.govまで送信のこと。要約に関する質問またはコメントについて委員会のメンバー個人に連絡することを禁じる。委員会のメンバーは個別の問い合わせには対応しない。

    証拠レベル

    本要約で引用される文献の中には証拠レベルの指定が記載されているものがある。これらの指定は、特定の介入やアプローチの使用を支持する証拠の強さを読者が査定する際、助けとなるよう意図されている。PDQ Adult Treatment Editorial Boardは、証拠レベルの指定を展開する際に公式順位分類を使用している。

    本要約の使用許可

    PDQは登録商標である。PDQ文書の内容は本文として自由に使用できるが、完全な形で記し定期的に更新しなければ、NCI PDQがん情報要約とすることはできない。しかし、著者は“NCI's PDQ cancer information summary about breast cancer prevention states the risks succinctly: 【本要約からの抜粋を含める】.”のような一文を記述してもよい。

    本PDQ要約の好ましい引用は以下の通りである:

    PDQ® Adult Treatment Editorial Board.PDQ Thyroid Cancer Treatment.Bethesda, MD: National Cancer Institute. Accessed <MM/DD/YYYY>.Available at: https://www.cancer.gov/types/thyroid/hp/thyroid-treatment-pdq.Accessed <MM/DD/YYYY>.死亡数:26389164。

    本要約内の画像は、PDQ要約内での使用に限って著者、イラストレーター、および/または出版社の許可を得て使用されている。PDQ情報以外での画像の使用許可は、所有者から得る必要があり、米国国立がん研究所(National Cancer Institute)が付与できるものではない。本要約内のイラストの使用に関する情報は、多くの他のがん関連画像とともにVisuals Online(2,000以上の科学画像を収蔵)で入手できる。

    免責条項

    入手可能な証拠の強さに基づき、治療選択肢は「標準」または「臨床評価段階にある」のいずれかで記載される場合がある。これらの分類は、保険払い戻しの決定基準として使用されるべきものではない。保険の適用範囲に関する詳しい情報については、Cancer.govのManaging Cancer Careページで入手できる。

    お問い合わせ

    Cancer.govウェブサイトについての問い合わせまたはヘルプの利用に関する詳しい情報は、Contact Us for Helpページに掲載されている。質問はウェブサイトのEmail UsからもCancer.govに送信可能である。

     |