ページの先頭へ

最新の研究成果に基づいて定期的に更新している、
科学的根拠に基づくがん情報の要約です。

小児黒色腫の治療(PDQ®)

  • 原文更新日 : 2019-12-23
    翻訳更新日 : 2020-03-25


医療専門家向けの本PDQがん情報要約では、小児黒色腫の治療について、包括的な、専門家の査読を経た、そして証拠に基づいた情報を提供する。本要約は、がん患者を治療する臨床家に情報を与え支援するための情報資源として作成されている。これは医療における意思決定のための公式なガイドラインまたは推奨事項を提供しているわけではない。


本要約は編集作業において米国国立がん研究所(NCI)とは独立したPDQ Pediatric Treatment Editorial Boardにより定期的に見直され、随時更新される。本要約は独自の文献レビューを反映しており、NCIまたは米国国立衛生研究所(NIH)の方針声明を示すものではない。

発生率

黒色腫はまれではあるが、小児において最も一般的な皮膚がんであり、基底細胞がん(BCC)および扁平上皮がん(SCC)がこれに次ぐ。 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] 20歳未満の患者における22,524例の皮膚病理学の報告に関するレトロスペクティブ研究では、研究者によって38例の黒色腫が同定されたが、このうち33例は15~19歳の患者に発生した。研究者の報告によると、1例の黒色腫を同定するために切除が必要となる病変の数は479.8で、これは成人の集団よりも20倍多かった。 [9]

米国で20歳未満の患者で毎年診断される黒色腫の症例は約400例と推定されており、黒色腫のすべての新規症例に占める割合は約1%未満である。 [10] 米国における黒色腫の年間発生率(2011~2015年)は、以下のように加齢とともに増加する: [11]


  • 10歳未満の小児:100万人当たり1.8例未満。

  • 10~14歳の小児:100万人当たり3.2例。

  • 15~19歳の小児:100万人当たり10.4例。

15~19歳の小児では、すべてのがんの約4%を黒色腫が占めている。 [11] [12]

小児黒色腫の発生率は、1975年から1994年まで平均で年間1.7%の増加をみせたが [11] 、その後、1995年から2014年は年間0.6%低下した。 [13] 環境紫外線(UV)への曝露増加が本疾患のリスクを高めている。しかしながら、米国Surveillance, Epidemiology, and End Resultsの2000年から2010年のデータのレビューから、小児および青年における黒色腫の発生率がこの期間で低下したことが示唆されている。 [14]


参考文献
  1. Sasson M, Mallory SB: Malignant primary skin tumors in children. Curr Opin Pediatr 8 (4): 372-7, 1996.[PUBMED Abstract]

  2. Fishman C, Mihm MC, Sober AJ: Diagnosis and management of nevi and cutaneous melanoma in infants and children. Clin Dermatol 20 (1): 44-50, 2002 Jan-Feb.[PUBMED Abstract]

  3. Hamre MR, Chuba P, Bakhshi S, et al.: Cutaneous melanoma in childhood and adolescence. Pediatr Hematol Oncol 19 (5): 309-17, 2002 Jul-Aug.[PUBMED Abstract]

  4. Ceballos PI, Ruiz-Maldonado R, Mihm MC: Melanoma in children. N Engl J Med 332 (10): 656-62, 1995.[PUBMED Abstract]

  5. Schmid-Wendtner MH, Berking C, Baumert J, et al.: Cutaneous melanoma in childhood and adolescence: an analysis of 36 patients. J Am Acad Dermatol 46 (6): 874-9, 2002.[PUBMED Abstract]

  6. Pappo AS: Melanoma in children and adolescents. Eur J Cancer 39 (18): 2651-61, 2003.[PUBMED Abstract]

  7. Huynh PM, Grant-Kels JM, Grin CM: Childhood melanoma: update and treatment. Int J Dermatol 44 (9): 715-23, 2005.[PUBMED Abstract]

  8. Christenson LJ, Borrowman TA, Vachon CM, et al.: Incidence of basal cell and squamous cell carcinomas in a population younger than 40 years. JAMA 294 (6): 681-90, 2005.[PUBMED Abstract]

  9. Moscarella E, Zalaudek I, Cerroni L, et al.: Excised melanocytic lesions in children and adolescents - a 10-year survey. Br J Dermatol 167 (2): 368-73, 2012.[PUBMED Abstract]

  10. National Cancer Institute: SEER Stat Fact Sheets: Melanoma of the Skin. Bethesda, Md: National Cancer Institute. Available online. Last accessed June 04, 2019.[PUBMED Abstract]

  11. Childhood cancer by the ICCC. In: Howlader N, Noone AM, Krapcho M, et al., eds.: SEER Cancer Statistics Review (CSR) 1975-2014. Bethesda, Md: National Cancer Institute, Section 29. Also available online. Last accessed June 04, 2019.[PUBMED Abstract]

  12. Bleyer A, O'Leary M, Barr R, et al., eds.: Cancer Epidemiology in Older Adolescents and Young Adults 15 to 29 Years of Age, Including SEER Incidence and Survival: 1975-2000. Bethesda, Md: National Cancer Institute, 2006. NIH Pub. No. 06-5767. Also available online. Last accessed August 16, 2019.[PUBMED Abstract]

  13. Wong JR, Harris JK, Rodriguez-Galindo C, et al.: Incidence of childhood and adolescent melanoma in the United States: 1973-2009. Pediatrics 131 (5): 846-54, 2013.[PUBMED Abstract]

  14. Campbell LB, Kreicher KL, Gittleman HR, et al.: Melanoma Incidence in Children and Adolescents: Decreasing Trends in the United States. J Pediatr 166 (6): 1505-13, 2015.[PUBMED Abstract]

 | 

危険因子

小児および青年における黒色腫の発症リスク増加と関連する病態には以下のものがある:


  • 巨大な色素細胞性母斑。 [1]

  • 色素性乾皮症(日光過敏症、角化症、および種々の神経系症状を特徴とするまれな劣性遺伝疾患)。 [1]

  • 免疫不全または免疫抑制。 [2]

  • 遺伝性網膜芽細胞腫。 [3]

  • ウェルナー症候群。 [4] [5]

  • 神経皮膚黒色症。神経皮膚黒色症は、先天性色素細胞性母斑の状況で発生し、髄膜のメラニン沈着(meningeal melanosis)または黒色腫と関連して先天性巨大または多発性母斑を伴うまれな疾患である;先天性巨大母斑を有する患者の約2.5%がこの疾患を発症し、衛星母斑(satellite nevi)数の多い患者は最もリスクが高い。 [6] [7]

    先天性色素細胞性母斑症候群の状況で発生する中枢神経系黒色腫患者の予後は非常に不良で、死亡率は100%である。これらの患者のほとんどにNRAS変異が認められる;そのため、マイトジェン活性化プロテインキナーゼ(MAPK)経路阻害剤を用いた治療に潜在的根拠がある。MEK阻害剤を受けた4人の小児で一時的な症状改善が示されたが、最終的にすべての患者が疾患進行により死亡した。 [8]


成人における黒色腫のリスク増加と関連する表現型形質が黒色腫の小児および青年において報告されており、以下のものがある: [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]


  • 紫外線(UV)・日光への曝露。

  • 赤毛。

  • 青い眼。

  • 紫外線防御能(tanning ability)の低さ。

  • 色素斑。

  • 異形成母斑。

  • 色素細胞性母斑数の増加。

  • 黒色腫の家族歴。

家族性黒色腫は黒色腫症例の8~12%を構成する。黒色腫の第一度近親者が2人いる家系の最大7%および多発性原発黒色腫の家系員が1人いる家系の最大80%でp16生殖細胞変異が報告されている。 [16]

黒色腫の家系員が4人以上いる60家系を対象にした1件のプロスペクティブ研究 [17] において、調査された60家系の半数でCDKN2A生殖細胞変異が認められた。CDKN2Aの状態に関係なく、黒色腫発症傾向のある家系では、米国における黒色腫患者の一般集団と比較して小児黒色腫患者の割合が6~28倍も高いことが明らかにされた。CDKN2A陽性家系内の黒色腫の小児患者では、診断時年齢が20歳を超えていた近親者よりも多発性黒色腫を有する可能性が有意に高かった(それぞれ、71% vs 38%;P  = 0 .004)。CDKN2A陽性家系では、CDKN2A陰性家系よりも黒色腫の小児患者の割合が有意に高かった(それぞれ、11.1% vs 2.5%;P  =  0.004)。


参考文献
  1. Ceballos PI, Ruiz-Maldonado R, Mihm MC: Melanoma in children. N Engl J Med 332 (10): 656-62, 1995.[PUBMED Abstract]

  2. Pappo AS: Melanoma in children and adolescents. Eur J Cancer 39 (18): 2651-61, 2003.[PUBMED Abstract]

  3. Kleinerman RA, Tucker MA, Tarone RE, et al.: Risk of new cancers after radiotherapy in long-term survivors of retinoblastoma: an extended follow-up. J Clin Oncol 23 (10): 2272-9, 2005.[PUBMED Abstract]

  4. Shibuya H, Kato A, Kai N, et al.: A case of Werner syndrome with three primary lesions of malignant melanoma. J Dermatol 32 (9): 737-44, 2005.[PUBMED Abstract]

  5. Kleinerman RA, Yu CL, Little MP, et al.: Variation of second cancer risk by family history of retinoblastoma among long-term survivors. J Clin Oncol 30 (9): 950-7, 2012.[PUBMED Abstract]

  6. Hale EK, Stein J, Ben-Porat L, et al.: Association of melanoma and neurocutaneous melanocytosis with large congenital melanocytic naevi--results from the NYU-LCMN registry. Br J Dermatol 152 (3): 512-7, 2005.[PUBMED Abstract]

  7. Makkar HS, Frieden IJ: Neurocutaneous melanosis. Semin Cutan Med Surg 23 (2): 138-44, 2004.[PUBMED Abstract]

  8. Kinsler VA, O'Hare P, Jacques T, et al.: MEK inhibition appears to improve symptom control in primary NRAS-driven CNS melanoma in children. Br J Cancer 116 (8): 990-993, 2017.[PUBMED Abstract]

  9. Heffernan AE, O'Sullivan A: Pediatric sun exposure. Nurse Pract 23 (7): 67-8, 71-8, 83-6, 1998.[PUBMED Abstract]

  10. Berg P, Lindelöf B: Differences in malignant melanoma between children and adolescents. A 35-year epidemiological study. Arch Dermatol 133 (3): 295-7, 1997.[PUBMED Abstract]

  11. Elwood JM, Jopson J: Melanoma and sun exposure: an overview of published studies. Int J Cancer 73 (2): 198-203, 1997.[PUBMED Abstract]

  12. Strouse JJ, Fears TR, Tucker MA, et al.: Pediatric melanoma: risk factor and survival analysis of the surveillance, epidemiology and end results database. J Clin Oncol 23 (21): 4735-41, 2005.[PUBMED Abstract]

  13. Whiteman DC, Valery P, McWhirter W, et al.: Risk factors for childhood melanoma in Queensland, Australia. Int J Cancer 70 (1): 26-31, 1997.[PUBMED Abstract]

  14. Tucker MA, Fraser MC, Goldstein AM, et al.: A natural history of melanomas and dysplastic nevi: an atlas of lesions in melanoma-prone families. Cancer 94 (12): 3192-209, 2002.[PUBMED Abstract]

  15. Ducharme EE, Silverberg NB: Pediatric malignant melanoma: an update on epidemiology, detection, and prevention. Cutis 84 (4): 192-8, 2009.[PUBMED Abstract]

  16. Soufir N, Avril MF, Chompret A, et al.: Prevalence of p16 and CDK4 germline mutations in 48 melanoma-prone families in France. The French Familial Melanoma Study Group. Hum Mol Genet 7 (2): 209-16, 1998.[PUBMED Abstract]

  17. Goldstein AM, Stidd KC, Yang XR, et al.: Pediatric melanoma in melanoma-prone families. Cancer 124 (18): 3715-3723, 2018.[PUBMED Abstract]

 | 

予後および予後因子

小児の黒色腫は成人の黒色腫と多くの類似点を共有しており、予後は病期に依存する。 [1] 成人と同様に、ほとんどの小児症例(約75%)が限局性で、転帰はきわめて良好である。 [2] [3] [4] 黒色腫の小児および青年では、最初に診断されてから5年間生存すると予想される患者は90%を超える。 [1] [3] [5] [6]

リンパ節病変を有する患者の治療成績は中間的であり、約60%が長期間生存すると予想される。 [3] [4] [5] 1件の研究において、転移性疾患を有する患者の治療成績が良好であったが [3] 、この結果はNational Cancer Databaseの別の研究では再現されなかった。 [5]

黒色腫を来した10歳未満の小児ではしばしば予後不良の特徴が認められ、非白人である頻度がより高く、頭頸部に原発腫瘍を有し、原発病変がより厚く、スピッツ母斑様形態、脈管浸潤、およびリンパ節転移の発生率がより高く、黒色腫を発症しやすい症候群を認める頻度がより高い。 [1] [3] [5] [7]

小児黒色腫の病期分類を目的としたセンチネルリンパ節生検が広く使用されるようになってきており、潰瘍形成と同様に原発腫瘍の厚さがリンパ節転移の高い発生率と相関していることが示されている。 [8] リンパ節転移およびリンパ節転移が転帰に及ぼす影響の欠如について扱っている研究には以下のものがある:


  • 若い患者ほどリンパ節転移の発生率が高いと考えられる;この知見がこの集団における臨床転帰に重大な影響を及ぼすとは考えられない。 [7] [9]

  • 小児黒色腫の他のシリーズでは、リンパ節転移の発生率が高くても生存に大きな影響はみられないと考えられた。 [10] [11] [12]

  • National Cancer Databaseからのレトロスペクティブ・コホート研究において、1998年から2011年までの黒色腫の指標診断について患者のすべての記録が見直された。データは医療記録、手術報告、および病理報告から抽出されており、中央診断は実施されなかった。計350,928人の患者の十分な情報が確認された;306人の患者が1~10歳(小児)で、3,659人の患者が11~20歳(青年)であった。 [13] 小児患者の方が青年患者(ハザード比[HR]、0.50;95%信頼区間[CI]、0.25-0.98)および20歳を超える患者(HR、0.11;95%CI、0.06-0.21)よりも全生存率(OS)が長かった。青年は成人よりもOSが長かった。リンパ節転移陽性の小児患者とリンパ節転移陰性の患者ではOSに差が認められなかった。小児患者では、センチネルリンパ節生検とリンパ節郭清の完了は、OSの増加に関連しなかった。青年におけるリンパ節転移陽性は、有意に不良な予後指標であった(HR、4.82;95%CI、3.38-6.87)。 [13]

小児黒色腫では、病変の厚さと臨床転帰の関連性について論争がある。 [3] [4] [5] [14] [15] [16] [17] [18] さらに、成人で生存と相関を示すいくつかの変数が小児では再現されない理由は明らかではない。この違いに対して考えられる1つの説明は、真の黒色腫および悪性度の不明なメラニン細胞性病変(MELTUMP)との組織学的鑑別に関わる問題を考慮すれば、成人のシリーズでは真の黒色腫とは認められない病変を有する患者が含まれていることである;このような患者は小児試験では対象となっていない。 [19] [20]


参考文献
  1. Paradela S, Fonseca E, Pita-Fernández S, et al.: Prognostic factors for melanoma in children and adolescents: a clinicopathologic, single-center study of 137 Patients. Cancer 116 (18): 4334-44, 2010.[PUBMED Abstract]

  2. Wong JR, Harris JK, Rodriguez-Galindo C, et al.: Incidence of childhood and adolescent melanoma in the United States: 1973-2009. Pediatrics 131 (5): 846-54, 2013.[PUBMED Abstract]

  3. Strouse JJ, Fears TR, Tucker MA, et al.: Pediatric melanoma: risk factor and survival analysis of the surveillance, epidemiology and end results database. J Clin Oncol 23 (21): 4735-41, 2005.[PUBMED Abstract]

  4. Brecht IB, Garbe C, Gefeller O, et al.: 443 paediatric cases of malignant melanoma registered with the German Central Malignant Melanoma Registry between 1983 and 2011. Eur J Cancer 51 (7): 861-8, 2015.[PUBMED Abstract]

  5. Lange JR, Palis BE, Chang DC, et al.: Melanoma in children and teenagers: an analysis of patients from the National Cancer Data Base. J Clin Oncol 25 (11): 1363-8, 2007.[PUBMED Abstract]

  6. Howlader N, Noone AM, Krapcho M, et al., eds.: SEER Cancer Statistics Review, 1975-2010. Bethesda, Md: National Cancer Institute, 2013. Also available online. Last accessed March 7, 2019.[PUBMED Abstract]

  7. Moore-Olufemi S, Herzog C, Warneke C, et al.: Outcomes in pediatric melanoma: comparing prepubertal to adolescent pediatric patients. Ann Surg 253 (6): 1211-5, 2011.[PUBMED Abstract]

  8. Mu E, Lange JR, Strouse JJ: Comparison of the use and results of sentinel lymph node biopsy in children and young adults with melanoma. Cancer 118 (10): 2700-7, 2012.[PUBMED Abstract]

  9. Balch CM, Soong SJ, Gershenwald JE, et al.: Age as a prognostic factor in patients with localized melanoma and regional metastases. Ann Surg Oncol 20 (12): 3961-8, 2013.[PUBMED Abstract]

  10. Gibbs P, Moore A, Robinson W, et al.: Pediatric melanoma: are recent advances in the management of adult melanoma relevant to the pediatric population. J Pediatr Hematol Oncol 22 (5): 428-32, 2000 Sep-Oct.[PUBMED Abstract]

  11. Livestro DP, Kaine EM, Michaelson JS, et al.: Melanoma in the young: differences and similarities with adult melanoma: a case-matched controlled analysis. Cancer 110 (3): 614-24, 2007.[PUBMED Abstract]

  12. Han D, Zager JS, Han G, et al.: The unique clinical characteristics of melanoma diagnosed in children. Ann Surg Oncol 19 (12): 3888-95, 2012.[PUBMED Abstract]

  13. Lorimer PD, White RL, Walsh K, et al.: Pediatric and Adolescent Melanoma: A National Cancer Data Base Update. Ann Surg Oncol 23 (12): 4058-4066, 2016.[PUBMED Abstract]

  14. Rao BN, Hayes FA, Pratt CB, et al.: Malignant melanoma in children: its management and prognosis. J Pediatr Surg 25 (2): 198-203, 1990.[PUBMED Abstract]

  15. Aldrink JH, Selim MA, Diesen DL, et al.: Pediatric melanoma: a single-institution experience of 150 patients. J Pediatr Surg 44 (8): 1514-21, 2009.[PUBMED Abstract]

  16. Tcheung WJ, Marcello JE, Puri PK, et al.: Evaluation of 39 cases of pediatric cutaneous head and neck melanoma. J Am Acad Dermatol 65 (2): e37-42, 2011.[PUBMED Abstract]

  17. Ferrari A, Bisogno G, Cecchetto G, et al.: Cutaneous melanoma in children and adolescents: the Italian rare tumors in pediatric age project experience. J Pediatr 164 (2): 376-82.e1-2, 2014.[PUBMED Abstract]

  18. Stanelle EJ, Busam KJ, Rich BS, et al.: Early-stage non-Spitzoid cutaneous melanoma in patients younger than 22 years of age at diagnosis: long-term follow-up and survival analysis. J Pediatr Surg 50 (6): 1019-23, 2015.[PUBMED Abstract]

  19. Lohmann CM, Coit DG, Brady MS, et al.: Sentinel lymph node biopsy in patients with diagnostically controversial spitzoid melanocytic tumors. Am J Surg Pathol 26 (1): 47-55, 2002.[PUBMED Abstract]

  20. Su LD, Fullen DR, Sondak VK, et al.: Sentinel lymph node biopsy for patients with problematic spitzoid melanocytic lesions: a report on 18 patients. Cancer 97 (2): 499-507, 2003.[PUBMED Abstract]

 | 

診断的評価

黒色腫の診断的評価には以下のものがある:


  • 生検または切除術。

    いずれの皮膚がんでも、診断を確定するには生検または切除術が必要である。追加治療に関する意思決定を行うためには、診断を下す必要がある。基底細胞がん(BCC)および扁平上皮がん(SCC)は一般に、手術のみで根治可能であるが、黒色腫は転移を来す可能性があるため、その治療を十分検討する必要がある。黒色腫における切除縁の幅は病変の部位、大きさ、および厚さで決定され、上皮内(in situ)病変に対する0.5cmからより厚い病変に対する2cm以上にまで及ぶ。 [1] 小児において切除断端陰性を達成するには、皮膚移植を併用する広範囲切除が、選択された症例で必要になる場合がある。

  • リンパ節評価。

    多くの施設でセンチネルリンパ節生検を用いる所属リンパ節の検査はルーチンに行われており [2] [3] 、厚さ1mmを超える病変を有する患者、または厚さ1mm以下の病変で、潰瘍形成もしくは細胞分裂の割合が1/mm2以上などの予後不良な特徴を有する患者に推奨される。 [2] [4] [5] しかしながら、スピッツ母斑様黒色腫患者におけるこの手技の適応については明確に定義されていない。非定型スピッツ腫瘍患者541人を対象とした系統的レビューでは、303人(56%)がセンチネルリンパ節生検を受け、119人(39%)がセンチネルリンパ節陽性であった;これらの患者のうちの97人で追加のリンパ節郭清を行ったところ、18人(19%)でさらなる陽性リンパ節が明らかとなった。 [6] リンパ節転移の発生率が高いにも関わらず、播種性病変を来したのは6人のみであり、この病変を有する小児におけるこの手技の予後的、治療的有益性に疑問が投げかけられている。将来的には、分子マーカーがこの手技が有益となりうる患者の同定に有用となる可能性がある。

    これらの患者におけるセンチネルリンパ節陽性後の完全なリンパ節郭清の役割および補助療法の価値については、本要約の小児黒色腫の治療セクションで考察している。


    従来型または成人型の黒色腫を呈する患者は成人のガイドラインに基づいて臨床検査評価および画像評価を受けるべきである(成人型の黒色腫に関する詳しい情報については、成人黒色腫の治療に関するPDQ要約の黒色腫の病期情報のセクションを参照のこと)。対照的に、スピッツ母斑様黒色腫を診断された患者では再発リスクが低く、臨床転帰がきわめて優れており、診断時または追跡時のいずれも広範なX線評価を必要としない。 [7]


小児の黒色腫の診断は困難な場合があり、これらの病変の多くはいわゆる悪性度の不明なメラニン細胞性病変(MELTUMP)と混同されることがある。 [8] これらの病変は黒色腫および良性の母斑とは生物学的に異なる。 [8] [9] スピッツ母斑およびスピッツ母斑様黒色腫という用語も一般的に用いられており、さらなる混乱を生み出している。1件のレトロスペクティブ研究により、10歳以上の小児はメラニン欠乏性病変、出血、均一な色合い、さまざまな直径、および腫れ(de novoの隆起など)がみられる可能性が高いことが明らかにされた。 [10] [証拠レベル:3iiA]


参考文献
  1. Ceballos PI, Ruiz-Maldonado R, Mihm MC: Melanoma in children. N Engl J Med 332 (10): 656-62, 1995.[PUBMED Abstract]

  2. Shah NC, Gerstle JT, Stuart M, et al.: Use of sentinel lymph node biopsy and high-dose interferon in pediatric patients with high-risk melanoma: the Hospital for Sick Children experience. J Pediatr Hematol Oncol 28 (8): 496-500, 2006.[PUBMED Abstract]

  3. Kayton ML, La Quaglia MP: Sentinel node biopsy for melanocytic tumors in children. Semin Diagn Pathol 25 (2): 95-9, 2008.[PUBMED Abstract]

  4. Ariyan CE, Coit DG: Clinical aspects of sentinel lymph node biopsy in melanoma. Semin Diagn Pathol 25 (2): 86-94, 2008.[PUBMED Abstract]

  5. Pacella SJ, Lowe L, Bradford C, et al.: The utility of sentinel lymph node biopsy in head and neck melanoma in the pediatric population. Plast Reconstr Surg 112 (5): 1257-65, 2003.[PUBMED Abstract]

  6. Lallas A, Kyrgidis A, Ferrara G, et al.: Atypical Spitz tumours and sentinel lymph node biopsy: a systematic review. Lancet Oncol 15 (4): e178-83, 2014.[PUBMED Abstract]

  7. Halalsheh H, Kaste SC, Navid F, et al.: The role of routine imaging in pediatric cutaneous melanoma. Pediatr Blood Cancer 65 (12): e27412, 2018.[PUBMED Abstract]

  8. Berk DR, LaBuz E, Dadras SS, et al.: Melanoma and melanocytic tumors of uncertain malignant potential in children, adolescents and young adults--the Stanford experience 1995-2008. Pediatr Dermatol 27 (3): 244-54, 2010 May-Jun.[PUBMED Abstract]

  9. Cerroni L, Barnhill R, Elder D, et al.: Melanocytic tumors of uncertain malignant potential: results of a tutorial held at the XXIX Symposium of the International Society of Dermatopathology in Graz, October 2008. Am J Surg Pathol 34 (3): 314-26, 2010.[PUBMED Abstract]

  10. Cordoro KM, Gupta D, Frieden IJ, et al.: Pediatric melanoma: results of a large cohort study and proposal for modified ABCD detection criteria for children. J Am Acad Dermatol 68 (6): 913-25, 2013.[PUBMED Abstract]

 | 

分子的特徴

小児集団に発生する悪性の可能性を有する黒色腫関連疾患は、以下の3つの一般的なグループに分類可能である: [1]


  • 大きな/巨大な先天性色素細胞性母斑。

  • 異型スピッツ腫瘍からスピッツ母斑様黒色腫に及ぶスピッツ母斑様メラニン細胞性腫瘍。

  • 成人の黒色腫(すなわち、通常型の黒色腫)と特徴を共有する、比較的年齢の高い青年に発生する黒色腫。

各腫瘍のゲノムの特徴が表1に要約されている。

小児の通常型の黒色腫におけるゲノムの全体像は、黒色腫の成人でみられるゲノム変化の多くにより代表される。 [1] Pediatric Cancer Genome Projectからの報告によると、従来型黒色腫の15症例では、体細胞一塩基変化の高い負担、TERTプロモーター変異(13例中12例)、およびBRAF V600活性化変異(15例中13例)、ならびに紫外線(UV)光損傷と一致する変異領域の署名を有していたことが観察された。また、3分の2の症例が黒色腫への感受性増加と関連するMC1R変異型を有していた。オーストラリアの1件の研究で、青年および若年成人(年齢の範囲、15~30歳)における黒色腫の全ゲノム配列決定法がより年齢の高い成人における黒色腫の配列決定法と比較された。 [2] 青年および若年成人コホートのBRAF(96%)およびPTEN(36%)における体細胞変異の頻度は、成人コホートで観察された割合の2倍であった。青年および若年成人の黒色腫ではより年齢の高い成人の黒色腫よりも、変異総量の割合としての紫外線に関係しない変異シグネチャーの割合が高かった。

スピッツ母斑様黒色腫のゲノムの全体像は、RETROS1NTRK1ALKMETBRAFといったさまざまな遺伝子が関与するキナーゼ遺伝子融合を特徴としている。 [3] [4] [5] これらの融合遺伝子は症例の約50%において報告され、相互排他的に起こる。 [1] [4] TERTプロモーター変異はスピッツ母斑様メラニン細胞性病変ではまれであり、1件のシリーズで評価された患者56人中4人でしか観察されなかった。しかしながら、TERTプロモーター変異を有していた4人の患者はいずれも、血行性転移を経験し、がんにより死亡した。この所見から、スピッツ母斑様メラニン細胞性新生物を有する小児における侵攻性の臨床的挙動の予測について、TERTプロモーター変異の可能性が支持されているが、原発部位スピッツ母斑様腫瘍を有する患者における臨床的挙動の予測について、TERTプロモーター状態が野生型である場合の役割を明らかにするには、さらなる研究が必要である。

大きな先天性色素細胞性母斑はNRAS Q61の活性化変異を有し、他の反復性の変異は認められないことが報告されている。 [6] NRAS Q61変異に対する体細胞モザイク現象もまた、多発性の先天性色素細胞性母斑および皮膚神経黒色症(neuromelanosis)の患者において報告されている。 [7]

表1.メラニン細胞性病変の特徴

腫瘍 異常遺伝子
黒色腫 BRAFNRASKIT、NF1
スピッツ母斑様黒色腫 キナーゼ融合(RETROSMETALKBRAFNTRK1);BRAF変異存在下でのBAP1欠失
スピッツ母斑 HRASBRAFおよびNRAS(まれ);キナーゼ融合(ROSALKNTRK1BRAFRET
後天性母斑 BRAF
異形成母斑 BRAFNRAS
青色母斑 GNAQ
眼内黒色腫 GNAQ
先天性母斑 NRAS



参考文献
  1. Lu C, Zhang J, Nagahawatte P, et al.: The genomic landscape of childhood and adolescent melanoma. J Invest Dermatol 135 (3): 816-23, 2015.[PUBMED Abstract]

  2. Wilmott JS, Johansson PA, Newell F, et al.: Whole genome sequencing of melanomas in adolescent and young adults reveals distinct mutation landscapes and the potential role of germline variants in disease susceptibility. Int J Cancer 144 (5): 1049-1060, 2019.[PUBMED Abstract]

  3. Wiesner T, He J, Yelensky R, et al.: Kinase fusions are frequent in Spitz tumours and spitzoid melanomas. Nat Commun 5: 3116, 2014.[PUBMED Abstract]

  4. Lee S, Barnhill RL, Dummer R, et al.: TERT Promoter Mutations Are Predictive of Aggressive Clinical Behavior in Patients with Spitzoid Melanocytic Neoplasms. Sci Rep 5: 11200, 2015.[PUBMED Abstract]

  5. Yeh I, Botton T, Talevich E, et al.: Activating MET kinase rearrangements in melanoma and Spitz tumours. Nat Commun 6: 7174, 2015.[PUBMED Abstract]

  6. Charbel C, Fontaine RH, Malouf GG, et al.: NRAS mutation is the sole recurrent somatic mutation in large congenital melanocytic nevi. J Invest Dermatol 134 (4): 1067-74, 2014.[PUBMED Abstract]

  7. Kinsler VA, Thomas AC, Ishida M, et al.: Multiple congenital melanocytic nevi and neurocutaneous melanosis are caused by postzygotic mutations in codon 61 of NRAS. J Invest Dermatol 133 (9): 2229-36, 2013.[PUBMED Abstract]

 | 

小児黒色腫の治療

小児黒色腫に対する治療法の選択肢には以下のものがある:

  1. 手術および、特定の症例では、センチネルリンパ節生検およびリンパ節郭清術。
  2. 免疫チェックポイント阻害薬またはBRAF/MEK阻害薬。

手術

限局性黒色腫の患者には、手術が選択すべき治療法である。現在のガイドラインでは、切除のマージンを以下のように推奨している:


  • 上皮内(in situ)黒色腫に対する0.5cm。

  • 厚さ1mm未満の黒色腫に対する1cm。

  • 厚さ1.01mm~2mmの黒色腫に対する1cm~2cm。

  • 厚さ2mmを超える腫瘍に対する2cm。

病変は薄いものの(1mm以下)、潰瘍を有する、細胞分裂の割合が1/mm2を超える、若年、および予後不良の特徴の有無にかかわらず病変の厚さが1mmを超える患者にはセンチネルリンパ節生検を検討すべきである。若年患者はセンチネルリンパ節が陽性となる頻度が高く、この特徴は臨床転帰に有害な影響を与える。 [1] [2]

センチネルリンパ節が陽性の場合、完全なリンパ節郭清を行う選択肢について相談すべきである。1件の成人の試験で、免疫組織化学またはポリメラーゼ連鎖反応により同定されたセンチネルリンパ節陽性患者1,934人が完全なリンパ節郭清または観察のいずれかにランダムに割り付けられた。3年黒色腫特異的生存率は両群でほぼ同じであった(86%)一方、無病生存(DFS)率はリンパ節郭清群の方がわずかに高かった(68% vs 63%;P = 0.05)。DFSにおけるこの優位性は、無遠隔転移生存率における差が認められなかったため、リンパ節再発率における低下に関係していた。こうした結果が将来、黒色腫の小児および青年の外科的管理にどのように影響するかについては、依然として不明のままである。 [3]

免疫チェックポイント阻害薬またはBRAF/MEK阻害薬

所属リンパ節転移を有する患者など、高リスクの原発性皮膚黒色腫患者には、最近成人で報告されているような免疫チェックポイント阻害薬またはBRAF阻害薬による補助療法を受ける機会を提供できる。 [4] [5] [6] これらの補助療法について小児患者を対象に具体的に検討する試験は実施されていない。

黒色腫の成人で有効性が示されている標的療法および免疫療法を、通常型の黒色腫および転移性、再発性、または進行性疾患を有する小児患者で実施すべきである。

証拠(標的療法および免疫療法):

  1. 小児および青年におけるイピリムマブ(5mg/kgまたは10mg/kgの用量で3週間ごとに4サイクルの投与が用いられた)に関する第I相試験では、12人の黒色腫患者が登録された。 [7]
    • この治療により、成人で示されたものと同様の毒性プロファイルが実証された。

  2. 黒色腫の青年を対象としたイピリムマブの第II相試験は、登録目標が達成できず、閉鎖された;しかしながら、12歳から18歳未満までの黒色腫患者で有効なことが報告され、安全性プロファイルは成人でみられたものと同程度であった。 [8] [証拠レベル:2Div]
    • 1年で、3mg/kgが投与された患者4人中3人および10mg/kgが投与された患者8人中5人が生存していた。

    • 10mg/kgが投与された患者2人が部分奏効で、3mg/kgが投与された患者1人が安定であった。

    • 成人では、10mg/kg、3週間ごとに4回投与後、3ヵ月ごとに1回、最長3年間投与するイピリムマブにより、III期皮膚黒色腫が完全切除された患者においてDFSおよび全生存率(OS)が延長し、健康関連のQOLの低下はほとんど認められなかったことが示されている。

  3. イピリムマブとニボルマブまたはニボルマブ単独は、BRAF変異型の黒色腫に対するBRAFとMEK阻害薬の併用療法と同様に、進行期の黒色腫の成人患者に対する現在の標準医療となっている。 [3] [9] [10] [11] [12]

以下に一覧で示した研究では、小児黒色腫患者を対象に、BRAF、MEK、およびPDL-1を標的にした阻害薬の活性が検討されている。 [13] [14]

(詳しい情報については、成人の黒色腫の治療に関するPDQ要約を参照のこと。)


参考文献
  1. Mu E, Lange JR, Strouse JJ: Comparison of the use and results of sentinel lymph node biopsy in children and young adults with melanoma. Cancer 118 (10): 2700-7, 2012.[PUBMED Abstract]

  2. Han D, Zager JS, Han G, et al.: The unique clinical characteristics of melanoma diagnosed in children. Ann Surg Oncol 19 (12): 3888-95, 2012.[PUBMED Abstract]

  3. Eggermont AM, Chiarion-Sileni V, Grob JJ, et al.: Prolonged Survival in Stage III Melanoma with Ipilimumab Adjuvant Therapy. N Engl J Med 375 (19): 1845-1855, 2016.[PUBMED Abstract]

  4. Eggermont AMM, Blank CU, Mandala M, et al.: Adjuvant Pembrolizumab versus Placebo in Resected Stage III Melanoma. N Engl J Med 378 (19): 1789-1801, 2018.[PUBMED Abstract]

  5. Weber J, Mandala M, Del Vecchio M, et al.: Adjuvant Nivolumab versus Ipilimumab in Resected Stage III or IV Melanoma. N Engl J Med 377 (19): 1824-1835, 2017.[PUBMED Abstract]

  6. Long GV, Hauschild A, Santinami M, et al.: Adjuvant Dabrafenib plus Trametinib in Stage III BRAF-Mutated Melanoma. N Engl J Med 377 (19): 1813-1823, 2017.[PUBMED Abstract]

  7. Merchant MS, Wright M, Baird K, et al.: Phase I Clinical Trial of Ipilimumab in Pediatric Patients with Advanced Solid Tumors. Clin Cancer Res 22 (6): 1364-70, 2016.[PUBMED Abstract]

  8. Geoerger B, Bergeron C, Gore L, et al.: Phase II study of ipilimumab in adolescents with unresectable stage III or IV malignant melanoma. Eur J Cancer 86: 358-363, 2017.[PUBMED Abstract]

  9. Wolchok JD, Chiarion-Sileni V, Gonzalez R, et al.: Overall Survival with Combined Nivolumab and Ipilimumab in Advanced Melanoma. N Engl J Med 377 (14): 1345-1356, 2017.[PUBMED Abstract]

  10. Dummer R, Ascierto PA, Gogas HJ, et al.: Encorafenib plus binimetinib versus vemurafenib or encorafenib in patients with BRAF-mutant melanoma (COLUMBUS): a multicentre, open-label, randomised phase 3 trial. Lancet Oncol 19 (5): 603-615, 2018.[PUBMED Abstract]

  11. Davies MA, Saiag P, Robert C, et al.: Dabrafenib plus trametinib in patients with BRAFV600-mutant melanoma brain metastases (COMBI-MB): a multicentre, multicohort, open-label, phase 2 trial. Lancet Oncol 18 (7): 863-873, 2017.[PUBMED Abstract]

  12. Coens C, Suciu S, Chiarion-Sileni V, et al.: Health-related quality of life with adjuvant ipilimumab versus placebo after complete resection of high-risk stage III melanoma (EORTC 18071): secondary outcomes of a multinational, randomised, double-blind, phase 3 trial. Lancet Oncol 18 (3): 393-403, 2017.[PUBMED Abstract]

  13. Chapman PB, Hauschild A, Robert C, et al.: Improved survival with vemurafenib in melanoma with BRAF V600E mutation. N Engl J Med 364 (26): 2507-16, 2011.[PUBMED Abstract]

  14. Hodi FS, O'Day SJ, McDermott DF, et al.: Improved survival with ipilimumab in patients with metastatic melanoma. N Engl J Med 363 (8): 711-23, 2010.[PUBMED Abstract]

 | 

小児黒色腫に対して臨床評価段階にある治療法の選択肢

米国国立がん研究所(NCI)が支援している臨床試験に関する情報は、NCIウェブサイトに掲載されている。他の組織がスポンサーの臨床試験に関する情報については、ClinicalTrials.govウェブサイトを参照のこと。

以下は、現在実施されている全米および/または施設の臨床試験の例である:


  • APEC1621(NCT03155620)

    (Pediatric MATCH試験:再発または難治性進行固形腫瘍、非ホジキンリンパ腫、または組織球性疾患を有する小児患者の治療において遺伝子検査の結果に基づいて行う分子標的療法)

    NCI-COG Pediatric Molecular Analysis for Therapeutic Choice(MATCH、Pediatric MATCH試験と呼ばれる)では、難治性および再発固形腫瘍における160以上の遺伝子の4,000以上の変異を標的として次世代シークエンシングで同定された特異的な分子遺伝学的変化と標的薬物が照合される。1~21歳の小児および青年が試験に適格である。

    分子生物学的な検討のために、進行または再発した病変から腫瘍の組織を得る必要がある。この試験で治療の対象とされている分子遺伝学的なvariant(多様体ないしバリアント)が認められる腫瘍を有する患者には、Pediatric MATCHでの治療が提案される。NCIウェブサイトおよびClinicalTrials.govウェブサイトで追加の情報が入手できる。


  • NCT02332668

    (進行黒色腫もしくは進行、再燃、または難治性PD-L1陽性固形腫瘍またはリンパ腫の小児参加者におけるペムブロリズマブ[MK-3475]の研究[MK-3475-051/KEYNOTE-051])

    これは、進行黒色腫もしくはプログラム細胞死リガンド1(PDL1)陽性進行、再燃、または難治性固形腫瘍またはリンパ腫のいずれかに罹患している小児参加者を対象とした、2部からなるペムブロリズマブ研究である。1部では、ペムブロリズマブ療法の最大耐容量/最大投与量を見出し、その用量を確認し、第II相試験の推奨用量を見出す。2部では、小児に対する第II相試験の推奨用量での安全性および有効性をさらに評価する。

  • NCT02304458

    (再発性または難治性固形腫瘍または肉腫の比較的若年の患者の治療におけるイピリムマブを併用する、または併用しないニボルマブ)

    この試験は、固形腫瘍の比較的若年の患者の治療における有効性を検討するためにイピリムマブと併用する、または併用しないニボルマブの副作用および至適用量を評価している。

  • NCT01677741

    (小児および青年の被験者における経口ダブラフェニブの安全性、忍容性、および薬物動態を検討するための研究)

    これは、BRAF V600変異陽性の進行固形腫瘍の小児および青年患者における経口ダブラフェニブの安全性、忍容性、および薬物動態を検討するための2部からなる研究である。1部では用量漸増手順を用いて推奨用量およびレジメンを明らかにする。2部では、1部で決定された用量およびレジメンを用いて、BRAF V600の活性化を有することが知られている腫瘍患者の4つの疾患特異的コホート(小児低悪性度グリオーマ、小児高悪性度グリオーマ、ランゲルハンス細胞組織球症、ならびに黒色腫および甲状腺乳頭がんなどの他の腫瘍)の治療を行う。

 | 

小児がん治療に関する特別な考慮事項

小児および青年におけるがんはまれであるが、小児がんの全発生率は1975年以降徐々に増加している。 [1] 小児および青年のがん患者については、小児期および青年期に発生するがんの治療経験を有するがん専門家から構成される集学的チームのある医療機関への紹介を検討すべきである。この集学的チームのアプローチとは、至適生存期間および至適QOLを得られるような治療、支持療法、およびリハビリテーションを小児が必ず受けられるようにするため、以下に示す医療専門家の技術を集結したものである:


  • プライマリケア医。

  • 小児外科医。

  • 放射線腫瘍医。

  • 小児内科腫瘍医/血液専門医。

  • リハビリテーション専門家。

  • 小児専門看護師。

  • 社会福祉士。

  • チャイルドライフ専門家。

  • 心理士。

(小児および青年のがんの支持療法に関する具体的な情報については、PDQの支持療法および緩和ケアの要約を参照のこと。)

米国小児科学会によって、小児がん施設とそれらが小児がん患者の治療において担う役割に関するガイドラインが概説されている。 [2] このような小児がん施設では、小児および青年に発症するほとんどの種類のがんに関する臨床試験が行われており、大半の患者およびその家族に参加する機会が与えられている。小児および青年のがんに関する臨床試験は一般に、現在標準とされている治療法と、それより効果的であると思われる治療法とを比較するようデザインされる。小児がんの治癒を目指した治療法の進歩の大部分は、このような臨床試験によって達成されたものである。現在実施中の臨床試験に関する情報は、NCIウェブサイトから入手することができる。

小児および青年のがん患者の生存において、劇的な改善が達成されている。1975年から2010年の間に、小児がんの死亡率は50%以上低下した。 [3] 小児および青年のがん生存者では、治療から数ヵ月または数年経過後もがん療法の副作用が持続または発現することがあるため、綿密なモニタリングが必要である。(小児および青年のがん生存者における晩期合併症(晩期障害)の発生率、種類、およびモニタリングに関する具体的な情報については、小児がん治療の晩期合併症(晩期障害)に関するPDQ要約を参照のこと。)

小児がんはまれな疾患であり、米国において20歳未満で診断される症例は年間約15,000例である。 [4] 米国の2002年希少疾患対策法(Rare Diseases Act of 2002)では、希少疾患を罹患者が20万人未満の疾患と定めている。そのため、小児がんはすべて希少疾患とみなされる。

まれな腫瘍の指定は小児および成人のグループ間で統一されていない。成人のまれながんは、年間発生率が10万人当たり6例未満のがんとして定義され、欧州連合で診断されるすべてのがんの最大24%および米国で診断されるすべてのがんの約20%を占めていると推定される。 [5] [6] また、小児のまれな腫瘍の指定は、以下に示すように国際的グループ間で統一されていない:


  • イタリアの小児にまれな腫瘍に関する共同プロジェクト(Tumori Rari in Eta Pediatrica [TREP])では、小児にまれな腫瘍を年間発生率が100万人当たり2例未満で、他の臨床試験の対象とならない腫瘍と定義している。 [7]

  • 小児腫瘍学グループはまれな小児がんについて、International Classification of Childhood CancerのサブグループXIにリスト化されているものと定義することを選択しており、その中には、甲状腺がん、黒色腫および非黒色腫皮膚がん、および多種類のがん腫(例、副腎皮質がん、上咽頭がん、乳がんおよび大腸がんなどのほとんどの成人型のがん腫)がある。 [8] これらの診断は、0~14歳の小児に診断されるがんの約4%を占めるのに対し、15~19歳の青年に診断されるがんでは約20%を占める。 [9]

    サブグループXI内のがんのほとんどは黒色腫または甲状腺がんのいずれかであり、サブグループXIの残りのがんの種類は、0~14歳の小児がんの1.3%および15~19歳の青年のがんの5.3%を占めるに過ぎない。


このようなまれながんは、個々の診断を受ける患者の発生率が低いこと、青年集団にまれながんが多いこと、およびまれながんの青年についての臨床試験が行われていないことから、研究がきわめて困難である。

これらの腫瘍に関する情報は、成人の黒色腫の治療に関するPDQ要約など、成人のがんに関連する情報源でも記載されている場合がある。


参考文献
  1. Smith MA, Seibel NL, Altekruse SF, et al.: Outcomes for children and adolescents with cancer: challenges for the twenty-first century. J Clin Oncol 28 (15): 2625-34, 2010.[PUBMED Abstract]

  2. Corrigan JJ, Feig SA; American Academy of Pediatrics: Guidelines for pediatric cancer centers. Pediatrics 113 (6): 1833-5, 2004.[PUBMED Abstract]

  3. Smith MA, Altekruse SF, Adamson PC, et al.: Declining childhood and adolescent cancer mortality. Cancer 120 (16): 2497-506, 2014.[PUBMED Abstract]

  4. Ward E, DeSantis C, Robbins A, et al.: Childhood and adolescent cancer statistics, 2014. CA Cancer J Clin 64 (2): 83-103, 2014 Mar-Apr.[PUBMED Abstract]

  5. Gatta G, Capocaccia R, Botta L, et al.: Burden and centralised treatment in Europe of rare tumours: results of RARECAREnet-a population-based study. Lancet Oncol 18 (8): 1022-1039, 2017.[PUBMED Abstract]

  6. DeSantis CE, Kramer JL, Jemal A: The burden of rare cancers in the United States. CA Cancer J Clin 67 (4): 261-272, 2017.[PUBMED Abstract]

  7. Ferrari A, Bisogno G, De Salvo GL, et al.: The challenge of very rare tumours in childhood: the Italian TREP project. Eur J Cancer 43 (4): 654-9, 2007.[PUBMED Abstract]

  8. Pappo AS, Krailo M, Chen Z, et al.: Infrequent tumor initiative of the Children's Oncology Group: initial lessons learned and their impact on future plans. J Clin Oncol 28 (33): 5011-6, 2010.[PUBMED Abstract]

  9. Howlader N, Noone AM, Krapcho M, et al., eds.: SEER Cancer Statistics Review, 1975-2012. Bethesda, Md: National Cancer Institute, 2015. Also available online. Last accessed December 10, 2019.[PUBMED Abstract]

 | 

本要約の変更点(12/23/2019)

PDQがん情報要約は定期的に見直され、新情報が利用可能になり次第更新される。本セクションでは、上記の日付における本要約最新変更点を記述する。

本要約が新たに追加された。

本要約はPDQ Pediatric Treatment Editorial Boardが作成と内容の更新を行っており、編集に関してはNCIから独立している。本要約は独自の文献レビューを反映しており、NCIまたはNIHの方針声明を示すものではない。PDQ要約の更新におけるPDQ編集委員会の役割および要約の方針に関する詳しい情報については、本PDQ要約についておよびPDQ® - NCI's Comprehensive Cancer Databaseを参照のこと。

 | 

本PDQ要約について

本要約の目的

医療専門家向けの本PDQがん情報要約では、小児黒色腫の治療について、包括的な、専門家の査読を経た、そして証拠に基づいた情報を提供する。本要約は、がん患者を治療する臨床家に情報を与え支援するための情報資源として作成されている。これは医療における意思決定のための公式なガイドラインまたは推奨事項を提供しているわけではない。

査読者および更新情報

本要約は編集作業において米国国立がん研究所(NCI)とは独立したPDQ Pediatric Treatment Editorial Boardにより定期的に見直され、随時更新される。本要約は独自の文献レビューを反映しており、NCIまたは米国国立衛生研究所(NIH)の方針声明を示すものではない。

委員会のメンバーは毎月、最近発表された記事を見直し、記事に対して以下を行うべきか決定する:


  • 会議での議論、

  • 本文の引用、または

  • 既に引用されている既存の記事との入れ替え、または既存の記事の更新。

要約の変更は、発表された記事の証拠の強さを委員会のメンバーが評価し、記事を本要約にどのように組み入れるべきかを決定するコンセンサス過程を経て行われる。

小児黒色腫の治療に対する主要な査読者は以下の通りである:


    本要約の内容に関するコメントまたは質問は、NCIウェブサイトのEmail UsからCancer.govまで送信のこと。要約に関する質問またはコメントについて委員会のメンバー個人に連絡することを禁じる。委員会のメンバーは個別の問い合わせには対応しない。

    証拠レベル

    本要約で引用される文献の中には証拠レベルの指定が記載されているものがある。これらの指定は、特定の介入やアプローチの使用を支持する証拠の強さを読者が査定する際、助けとなるよう意図されている。PDQ Pediatric Treatment Editorial Boardは、証拠レベルの指定を展開する際に公式順位分類を使用している。

    本要約の使用許可

    PDQは登録商標である。PDQ文書の内容は本文として自由に使用できるが、完全な形で記し定期的に更新しなければ、NCI PDQがん情報要約とすることはできない。しかし、著者は“NCI's PDQ cancer information summary about breast cancer prevention states the risks succinctly: 【本要約からの抜粋を含める】.”のような一文を記述してもよい。

    本PDQ要約の好ましい引用は以下の通りである:

    PDQ® Pediatric Treatment Editorial Board.PDQ Childhood Melanoma Treatment.Bethesda, MD: National Cancer Institute.Updated <MM/DD/YYYY>.Available at: https://www.cancer.gov/types/skin/hp/child-melanoma-treatment-pdq.Accessed <MM/DD/YYYY>.

    本要約内の画像は、PDQ要約内での使用に限って著者、イラストレーター、および/または出版社の許可を得て使用されている。PDQ情報以外での画像の使用許可は、所有者から得る必要があり、米国国立がん研究所(National Cancer Institute)が付与できるものではない。本要約内のイラストの使用に関する情報は、多くの他のがん関連画像とともにVisuals Online(2,000以上の科学画像を収蔵)で入手できる。

    免責条項

    入手可能な証拠の強さに基づき、治療選択肢は「標準」または「臨床評価段階にある」のいずれかで記載される場合がある。これらの分類は、保険払い戻しの決定基準として使用されるべきものではない。保険の適用範囲に関する詳しい情報については、Cancer.govのManaging Cancer Careページで入手できる。

    お問い合わせ

    Cancer.govウェブサイトについての問い合わせまたはヘルプの利用に関する詳しい情報は、Contact Us for Helpページに掲載されている。質問はウェブサイトのEmail UsからもCancer.govに送信可能である。

     |